« プリウスくんが行く!Vol.107 トヨタ アクア編 | トップページ | 「ドラゴン・タトゥーの女」鑑賞 »

2012/02/14

「ビーストリー」鑑賞

先日、「ビーストリー」を観てきました。ダニエル・バーンズ監督作品。出演:アレックス・ペティファー (「アイ・アム・ナンバー4」) 、ヴァネッサ・ハジェンズ (「エンジェル ウォーズ」)、メアリー=ケイト・オルセン、ニール・パトリック・ハリス、エリック・ナドセン他。

17歳の高校生カイル(アレックス・ペティファー)は、高校では絶大な人気を誇り、まるで王子様のように振る舞っており、自分の容姿にうぬぼれ、自信過剰になっていた。ある日、カイルは、が、魔女と噂されているクラスメイトのケンドラ(メアリー=ケイト・オルセン)に悪行を戒められ、呪いを掛けられてしまう。カイルの外見を内面と同等の醜い姿に変えてしまう。そして、一年以内に愛してくれる人を見つけなければ、一生その姿のままになるという。ただ一つの望みは、控え目で今まで存在も気づかなかったクラスメイトのリンディ(ヴァネッサ・ハジェンズ)だった。リンディの愛によって元の姿を取り戻すことができるのか?

父親は有名なニュースキャスターで、裕福な生活を送っているカイル。容姿端麗頭脳明晰な彼は、外見こそがすべてと公言してしまうような尊大な性格。取り巻きや恋人は、彼の外見を愛し、人気にあやかろうとする人々だけ。しかし、醜い姿になってしまったカイル。学校にも行けず、家政婦と共に、隠れるように生活を始めます。最初は閉じこもっているばかりでしたが、呪いは着々と進み、時は待ってはくれませんでした。

ある事件をきっかけに、クラスメイトのリンディと同居することとなったカイル。正体を隠しての生活が始まります。少々お節介だけれども優しい家政婦ゾラと、盲目の家庭教師ウィル(ニール・パトリック・ハリス )、カイルとリンディとの4人の生活は、少々奇妙ではありますが、やすらぎのある生活でした。また、そこには笑いも溢れていました。盲目なウィルですが、実にひょうきんで、カイルの良き相談相手。良い味を出しています。ゾラも子どもの時からカイルのことを見ていますから、母親代わりのような存在で、やさしく良き道へと導いてくれます。

そんな生活の中で、人を思いやる気持ち、本当に愛するという気持ちを知り、変わっていくカイル。しかし、タイムリミットは刻一刻と迫っているのでした。果たして、リンディは“愛している”と言うキーワードを告げてくれるのか?

自信過剰で身勝手な性格が災いして、魔法で醜い姿に変えられてしまった高校生が、魔法を解くために真実の愛を探し求めるラブストーリー。

« プリウスくんが行く!Vol.107 トヨタ アクア編 | トップページ | 「ドラゴン・タトゥーの女」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/53973154

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビーストリー」鑑賞:

» ビーストリー [風に吹かれて]
現代版 美女と野獣シャイなビーストがかわいい公式サイト http://www.finefilms.co.jp/beastly カイル(アレックス・ペティファー)は、わがままで考えが浅いが、高校では絶大 [続きを読む]

« プリウスくんが行く!Vol.107 トヨタ アクア編 | トップページ | 「ドラゴン・タトゥーの女」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ