« 「ヒューゴの不思議な発明」鑑賞 | トップページ | 「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」鑑賞 »

2012/03/13

「ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-」鑑賞

先日、「ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-」を観てきました。ウィリアム・モナハン監督作品。出演:コリン・ファレル (「フライトナイト」)、キーラ・ナイトレイ (「わたしを離さないで」)、デイヴィッド・シューリス (「ハリーポッター」シリーズ) 、アンナ・フリエル、ベン・チャップリン他。

重傷害罪で3年間服役していたミッチェル(コリン・ファレル)は、出所の身となった。彼はギャングの世界から足を洗おうと考えていたが、迎えに来た悪友ビリー(ベン・チャップリン)から、住まいとの交換に借金取りの仕事を手伝うことを頼まれる。彼は出所祝いのパーティーで女性記者ペニーから、引退した女優シャーロット(キーラ・ナイトレイ)の屋敷の雑用係兼ボディガードの仕事を紹介される。彼女は夫と離婚し、屋敷には他にハウスマネージャーの元俳優ジョーダン(デイヴィッド・シューリス)がいるだけ。ミッチェルは彼女を護る仕事を引き受けるのだが・・・。

3年間服役後、2度と犯罪には手を染めないと決意し、裏社会から抜け出そうと、もがき苦しむ男・ミッチェル。しかし、しがらみからは簡単には抜けられず、もがけばもがくほど、落ちていきます。

そんな時出会ったシャーロットは、ミッチェルの心を癒しているかのようでした。いつしか惹かれあっていく二人でしたが、そんな関係も長くは続かず、ギャングのボスに逆らったミッチェルは命を狙われる羽目になってしまいます。

女優復帰を決めたシャーロットとロサンゼルスで落ち合う約束をしたミッチェルは、ジョーダンの協力を得てギャントへの反撃を開始するのですが・・・。

ストイックまでに自分に厳しいミッチェルを演じるコリン・ファレル。実にクールでスマートな立ち居振る舞いが格好良いです。アクション自体は派手な面はあまりありませんが、その分、リアルな雰囲気が良いです。

クライマックス以降は松田優作の主演ドラマ「探偵物語」の最終回を彷彿とさせるハードな展開で、ドキドキします。しかし、一条の希望の光が見えかけた矢先・・・。人生というのは思うようにはいかないモノです。

裏社会から足を洗おうとする前科者の男が、愛する者たちのために強大な暴力に立ち向かう姿を描くブリティッシュ・ノワール。

« 「ヒューゴの不思議な発明」鑑賞 | トップページ | 「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/54169239

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-」鑑賞:

« 「ヒューゴの不思議な発明」鑑賞 | トップページ | 「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ