« 2012.02映画鑑賞総括 | トップページ | 「顔のないスパイ」鑑賞 »

2012/03/01

「ペントハウス」鑑賞

先日、「ペントハウス」を観てきました。ブレット・ラトナー監督作品(「X-MEN」「天使のくれた時間」)。出演:ベン・スティラー (「ナイト・ミュージアム」「トロピック・サンダー」) 、エディ・マーフィ (「ドリームガールズ」)、ケイシー・アフレック 、アラン・アルダ、マシュー・ブロデリック他。

ニューヨーク・マンハッタンにそびえる65階建ての超高級マンション“ザ・タワー”。管理マネージャーのジョシュ・コヴァックス(ベン・スティラー)が、居住者のあらゆる欲求と優越感を満たす最上級のサービスを取り仕切っている。その最上階のペントハウスの住人である大富豪アーサー・ショウ(アラン・アルダ)が証券詐欺罪でFBIに逮捕された。ショウは、使用人たちの年金運用を請け負い、そのお金を私的流用していた。FBI捜査官クレア(ティア・レオーニ)から、ショウが逃亡資金として用意していたはずの隠し金20億円が見つからないという情報を得たジョシュは、仲間を集め、その金を奪うことを画策するのだが・・・。

「ナイト・ミュージアム」シリーズでおなじみのベン・スティラーとエディ・マーフィの競演となる本作。「オーシャンズ11」のような「悪者から銃も使わず血も流さず、しかし頭を使って財産を盗み出す」という、ストーリーではありますが、犯罪のプロはコソ泥のスライド(エディ・マーフィ)だけ。その他の仲間は、コンシェルジュのチャーリー(ケイシー・アフレック)、新米エレベーター・ボーイのエンリケ(マイケル・ペーニャ)、ザ・タワーを強制退去させられたウォール街の負け犬フィッツヒュー(マシュー・ブロデリック)、錠前職人の父親を持つメイドのオデッサ(ガボレイ・シディべ)という感じ。

なんとか奪われた金を手に入れるために、金のありかを探すモノの、見つからない。しかし、見つけた場所はとんでもない場所でした。犯罪の素人らしいトラブルやミスが連続しハラハラドキドキするシーンもありますし、思わず笑ってしまうようなシーンも多々ありました。笑い自体はベン・スティラー主演作としては少な目ではありますが、ドラマとして十分楽しめる作品でした。大富豪ショウvs使用人ジョシュの対決の結果はいかに?!

マンハッタンの超高級マンションを舞台に、ペントハウスで暮らす大富豪に着服された年金を取り戻そうと奮闘する使用人たちを描くクライム・コメディ。

« 2012.02映画鑑賞総括 | トップページ | 「顔のないスパイ」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/54106195

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペントハウス」鑑賞:

« 2012.02映画鑑賞総括 | トップページ | 「顔のないスパイ」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ