« 祝!7周年 | トップページ | 「タイタンの逆襲」鑑賞 »

2012/04/24

「Black & White/ブラック&ホワイト」鑑賞

先日、「Black & White/ブラック&ホワイト」を観てきました。マックG監督作品「ターミネーター4」「チャーリーズ・エンジェル」)。出演:リース・ウィザースプーン (「キューティ・ブロンド」「ウォーク・ザ・ライン」)、クリス・パイン (「スタートレック」「アンストッパブル」)、トム・ハーディ (「インセプション」)、ティル・シュワイガー他。

CIAの凄腕コンビFDR(クリス・パイン)とタック(トム・ハーディ)は、闇商人の取引現場を抑える極秘任務でターゲットを逃走させてしまい、謹慎処分になってしまう。暇を持て余したタックは恋人紹介サイトで知り合ったローレン(リース・ウィザースプーン)という女性とデートをすることに。一方FDRはレンタルビデオ店でナンパをするが、思い通りにならない美女に夢中になってしまうが、その女性はローレンだった。FDRとタックはお互いの恋人が同一人物だと知り、ローレンを我がものにするべく、それぞれ“重要任務”と偽って精鋭チームを招集し、妨害工作を進めるのだが・・・。

冒頭の極秘任務(?)での失敗は、ド派手なアクションでしたが、その他は、アクションシーンはほとんどなく、クライマックスのカーチェイスくらいになります。スパイアクションではなく、スパイラブコメの印象が強い作品になっています。

個人情報を手に入れる、監視カメラ・マイクを設置する等々、スパイモノではよくある映像ですが、それを私的利用する。まさに職権乱用。ばれれば即解雇というような状況ですが、これが妙に本格的で面白いです。

終盤は、もう少しシビアな展開を想像していましたが、そんなこともなく、事件を解決。事件よりも恋が中心で、どんな危険な状況に陥っても、仲間を信じ行動するコンビはどこまでもつれるのか?そこいら辺りを堪能するのが良いのでしょう。敵役がかわいそうなほど、本筋にはあまり影響がありません。とはいえ、何もない訳ではなく、人生に失敗など無く、それを成功に結びつける気持ちと努力が大切と、テーマが感じられます。

二人のCIA凄腕エージェントが、一人の女性を獲得するために諜報テクニックを総動員し、なんでもアリの史上最大の職権乱用バトルを繰り広げるアクションラブコメディ。

« 祝!7周年 | トップページ | 「タイタンの逆襲」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/54509575

この記事へのトラックバック一覧です: 「Black & White/ブラック&ホワイト」鑑賞:

« 祝!7周年 | トップページ | 「タイタンの逆襲」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ