« 「Black & White/ブラック&ホワイト」鑑賞 | トップページ | まもなくGW »

2012/04/25

「タイタンの逆襲」鑑賞

先日、「タイタンの逆襲(3D字幕版)」を観てきました。ジョナサン・リーベスマン監督作品(「世界侵略:ロサンゼルス決戦」)。出演:サム・ワーシントン(「ターミネーター4」「アバター」)、リーアム・ニーソン (「スターウォーズ」「バトルシップ」)、レイフ・ファインズ (「ハリー・ポッター」シリーズ)、ダニー・ヒューストン、エドガー・ラミレス、ビル・ナイ 、トビー・ケベル、ロザムンド・パイク他。

全能の神ゼウス(リーアム・ニーソン)と人間の間に生まれた半神半人=“デミゴッド”の英雄ペルセウス(サム・ワーシントン)は10歳になる息子ヘリウスを男手ひとつで育てながら、村の漁師として静かに暮らしていた。一方、神々とタイタン族との間では、地上の支配を巡る争いが激化。冥界の神ハデス(レイフ・ファインズ)は、ゼウスの正統な息子アレス(エドガー・ラミレス)とともに忠誠を裏切り、クロノスと取引してゼウスを捕える。そして、ペルセウスはゼウスを助けるべく、女王アンドロメダ(ロザムンド・パイク)、ポセイドンの子・アゲノル(トピー・ケベル)と共に冥界へと向かうのだが・・・。

ギリシア神話を元にしたアクション・ファンタジー「タイタンの戦い」の続編。英雄ペルセウスが怪物クラーケンを倒してから10年後の物語。

今回は3D字幕版を鑑賞しました。映像としては、3Dにして迫力が増しているという感想です。序盤の漁村での戦いは、3Dに慣れていないのに、動きがかなり速くて、目がついていかない感じがしました。地下迷宮のシーンでは、猛スピードで動き出す迷宮やクルクルと回る迷宮が面白い映像を作り出していました。クライマックスのクロノスとの戦いは、手に汗握る大迫力。画面に向かって槍を突き出し、火炎弾が飛び交い、魔物が襲い来る。3Dを存分に有効利用していました。

物語としては、ギリシア神話に詳しくない私は、名前が沢山出てくるは、見た目が似ていたりするはで、続柄がすっと理解できなかったりして、少々ややこしく感じましたが、それほど困りもせず、楽しめました。アクションシーン満載なので、肩肘張らずに楽しめるエンターテインメント作品として楽しめます。

長年地上を治めてきた神々三兄弟の残忍な父、クロノス率いるタイタン族との世界の存亡をかけた激しい戦いを描くアクション大作。

« 「Black & White/ブラック&ホワイト」鑑賞 | トップページ | まもなくGW »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/54509595

この記事へのトラックバック一覧です: 「タイタンの逆襲」鑑賞:

« 「Black & White/ブラック&ホワイト」鑑賞 | トップページ | まもなくGW »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ