« 「STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D」鑑賞 | トップページ | 「この空の花 -長岡花火物語」私的映画考Vol.263 »

2012/04/16

「バトルシップ」鑑賞

先日、「バトルシップ」を観てきました。ピーター・バーグ監督作品(「ハンコック」)。出演:テイラー・キッチュ (「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」) 、ブルックリン・デッカー 、アレキサンダー・スカルスガルド 、 リアーナ、 浅野忠信 (「マイティ・ソー」) 、 リーアム・ニーソン (「スターウォーズ」) 他。

ハワイ沖。アメリカをはじめとする世界各国の艦隊が集結して大規模な軍事演習が行われていた。そんな時、沖合に正体不明の巨大な物体が出現する。呼びかけを行った科学者たちの意図とは裏腹に、正体不明の物体からは次々と未知の兵器が繰り出され、激しい攻撃を仕掛けてくる。その戦いの最前線に立たされたのは、演習に参加していた米海軍の新人将校アレックス・ホッパー(テイラー・キッチュ)と、彼がライバル心を燃やす自衛艦の指揮官ナガタ(浅野忠信)だった。

数年前、地球から発信された電波。それは友好的な呼びかけでした。が、その電波の発信元にめがけて飛来したのは、凶悪なエイリアンでした。正体不明の飛来物体5機。1機は空中分解し4機がハワイ沖へ。そして、浮上。強力な電磁バリアを放出し、外界からの干渉を拒みます。その中に取り残された日米の駆逐艦3隻。なすすべもなく撃沈されていきます。そして、残ったのは1隻の駆逐艦と新人将校アレックス・ホッパーと自衛艦の指揮官ナガタ。2人は協力して残された戦力を使って反撃を試みますが・・・。

序盤は、過去のアレックスの行いから、現在へと人間関係を描きます。兄との関係、恋人サマンサとの関係等々。そして、過去の遺物である戦艦で行われた式典の模様も描かれます。ここまでのシーンは必要なのかなあと思って見ていると、これが後に伏線となって良い感じに使われることになります。

エイリアンの兵器は巨大なバッタ型のバトルシップ。バトルスーツをまとったエイリアンもまた不気味です。特徴的なのは、周囲のモノを兵器か否かを識別する装置を装備していること。兵器は赤く、そうでないモノは緑色に識別し、人間の恐れさえも識別して戦闘不能とみれば、攻撃対象から外れます。ここらの描写がなかなか面白かったです。

タイトルからエイリアンの駆る謎のバトルシップとの対決を想像していましたが、実は、そこには大きなミスリーディングがありました。終盤にどんでん返しが待ってたのです。温故知新。そして、チームワーク、絆があれば、逆境さえも乗り越えることができると言う事でしょう。

太平洋上に出現したエイリアンの侵略部隊と世界連合艦隊の壮絶な戦いを未曾有のスケールで描くSFアクション作品。

« 「STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D」鑑賞 | トップページ | 「この空の花 -長岡花火物語」私的映画考Vol.263 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/54484062

この記事へのトラックバック一覧です: 「バトルシップ」鑑賞:

« 「STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D」鑑賞 | トップページ | 「この空の花 -長岡花火物語」私的映画考Vol.263 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ