« 「ロボット」鑑賞 | トップページ | 「英雄の証明」鑑賞 »

2012/05/16

「ヤング≒アダルト」鑑賞

先日、「ヤング≒アダルト」を観てきました。ジェイソン・ライトマン監督作品(「JUNO/ジュノ」)。出演:シャーリーズ・セロン (「ザ・ロード」「あの日、欲望の大地で」) 、パトリック・ウィルソン (「インシディアス」「恋とニュースの作り方」)、パットン・オズワルト、 J・K・シモンズ、エリザベス・リーサー 、 コレット・ウォルフ他。

37歳になるメイビス(シャーリーズ・セロン)は自称作家だが、現在はゴーストライターとして“ヤングアダルト”(少女向け小説)を執筆中。バツイチで恋人ナシ、心の友はアルコールと愛犬。彼女はある日、昔の恋人バディ(パトリック・ウィルソン)からのメールを受け取り、故郷へ帰ることになる。しかし、そこには、冷たい視線と辛い過去が待ち受けていました。元カレのと再会を果たすメイビスでしたが、思い込みはいつしか暴走し、騒動になっていくのですが・・・。

高校時代は周りがうらやむほどの美しさと才能を持ち、自分中心に物事が回っていたメイビス。しかし、今の彼女は鳴かず飛ばずの作家とはいえ、バツイチで恋人もいない。酒を飲み、一夜の恋に溺れる毎日。そんな中、生まれ育った町に帰ることになります。元カレからのメールに出産祝いパーティをやるとあったのです。

20年ぶりに戻った田舎町。そこには、目の前の現実と折り合いをつけ、幸せそうに暮らしている姿が見えます。そして、同級生だったマット(パットン・オズワルト)と再会します。昔ばなしに花を咲かせます。存在自体を忘れていたメイビスでしたが、次第に良き相談相手になっていきます。マットの存在が大きかった。メイビスの現実と田舎町の現実の格差を埋めていってくれ、大人の目線で促してくれていますが、聞く耳を持たないメイビスでしたから、暴走は手に負えなくなっていきます。

全体を通して、シリアスな雰囲気を持っていますが、メイビスのイタさの中にも、悲しさがにじみ出ていて、そこら辺りがそこはかとないユーモアとなっています。そして、いつまでも大人になりきれない、中途半端な年代になってしまった彼女の姿が身にしみます。何に頼り、何をよりどころにして生きていけばいいのか、分からない人生に幸せを見いだすことができるのでしょうか?

仕事も恋愛もうまくいかない30代女性が、20年ぶりに帰郷し、妻子のいる元恋人と復縁しようとする様を描くヒューマンドラマ。

« 「ロボット」鑑賞 | トップページ | 「英雄の証明」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/54685208

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤング≒アダルト」鑑賞:

» ヤング≒アダルト [ここなつ映画レビュー]
ひりひりとした気持ちになる。観終わって、爽快感とか、達成感とかとは無縁なのだけれど、「そうは言っても生きて行かねば」などと思いつつ、席を立つ作品。シャーリーズ・セロン程の美人がこの役を…という気持ちも出てくるが、シャーリーズ・セロン程の美人でなければ成立しなかった。そして、都市近郊に生まれ育って、今はメガロポリスで生きている私には、この作品の背景にあるものが判り過ぎる程判る。 ストーリー言いつつ、ネタバレしつつ、の感想。 ミネアポリスでヤングアダルト小説のゴーストライ... [続きを読む]

« 「ロボット」鑑賞 | トップページ | 「英雄の証明」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ