« UEFA EURO 2012 準々決勝 | トップページ | 「捜査官X」鑑賞 »

2012/06/27

「スノーホワイト」鑑賞

先日、「スノーホワイト」を観てきました。ルパート・サンダース監督作品。出演:クリステン・スチュワート (「トワイライト・サーガ」シリーズ) 、シャーリーズ・セロン (「ヤング≒アダルト」)、クリス・ヘムズワース (「マイティ・ソー」)、サム・クラフリン他。

スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、マグナス王と王妃に大切に育てられた外見も心も美しいプリンセス。しかし、母亡きあと、新しい王妃に迎えられたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)に父王を殺されたスノーホワイトは、国を乗っ取られ、7年間の幽閉生活を送る。美しく成長したスノーホワイト。しかし、女王は、永遠の美と若さと不死を手に入れるためスノーホワイトの命を狙うが、闇の森へ逃げられてしまう。女王はハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)を雇い、刺客として解き放つのだが・・・。

名作グリム童話の「白雪姫」を基に、これまでの白雪姫のイメージを一新させたアクション・アドベンチャー大作。あのマンガチックでファンタジックな物語をリアルさを追求していけば、こんな映像になるんだろうなあと言う感じに仕上がっています。

鏡の精は、何ともおどろおどろしく不気味ですし、7人のコビトはちっちゃいおじさんたちで妙にこまっしゃくれた感じですし、女王の老けていく様子なんて、かなりよくできていますので、そりゃあ恐ろしいです。クライマックスは、ジャンヌ・ダルクさながらの白雪姫と王子の軍勢が女王軍と戦うと言う、まさに戦争です。

ダークな雰囲気の世界観は、興味深く映像的には素晴らしい作品になっていますが、テーマ性に欠けているように感じました。ただ、女王を演じるシャーリーズ・セロン様の美しさは健在ですから、そんなに向きになって若い娘をいたぶらなくても良いんじゃないですかあ。と思ってしまいます。まあ、好みの問題もありますが。

グリム童話「白雪姫」をモチーフに、悪に立ち向かい、タフに進化していくヒロインの姿を描くアクション・アドベンチャー。

« UEFA EURO 2012 準々決勝 | トップページ | 「捜査官X」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/55055032

この記事へのトラックバック一覧です: 「スノーホワイト」鑑賞:

« UEFA EURO 2012 準々決勝 | トップページ | 「捜査官X」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ