« 「バッド・ティーチャー」鑑賞 | トップページ | 「セットアップ」鑑賞 »

2012/06/13

UEFA EURO 2012 グループリーグ第1節

4年に一度のビッグイベント、「サッカー欧州選手権 UEFA EURO 2012」が開幕しました。4年に一度、ヨーロッパNo.1を決めるサッカーの祭典。全試合、WOWOWで放送中。

まずは、グループA、B、C、Dに分かれてのリーグ戦。ようやく、第1節を見終わりました。時差があるためにリアルタイムの放送は、日本時間で24時台か27時台と深夜になります。とてもリアルタイムでは見られませんので、HDDレコーダーで録画して見ていますので、ちょっと遅れ気味です。グル-プリーグは、全試合を見ているわけではなく、面白そうな試合のみを録画しています。

●グループA
ポーランド、ギリシャ、ロシア、チェコ
●グループB
オランダ、デンマーク、ドイツ、ポルトガル
●グループC
スペイン、イタリア、アイルランド、クロアチア
●グループD
ウクライナ、スウェーデン、フランス、イングランド

グループAは、開幕戦の「ポーランド1-1ギリシャ」。開催国が決勝トーナメントに進めないと大会全体が盛り下がってしまいますので、なんとしても勝ち上がりたいポーランドと、2004大会の覇者ギリシャの対戦で、スタジアムは盛り上がります。先制したのはポーランドでしたが、自力に勝るギリシャが次第に押しはじめ、結局ドローとなりました。ポーランドは要注目です。

グループBは、「オランダ0-1デンマーク」「ドイツ1-0ポルトガル」。オランダはまさかの黒星スタート。ロッベンが不発だったのもありますが、どうにも世代交代に失敗しているかのような展開でした。「ドイツVSポルトガル」はとにかく面白かった。リーガ・エスパニョーラ11-12シーズンを制したレアル・マドリードのC・ロナウド(ポルトガル)とエジル(ドイツ)の対決。ドイツの良かったのはゴールエリア付近でファウルをしなかったこと。C・ロナウドのフリーキックはありませんでした。エジルを起点とした攻撃力が勝り、ドイツの勝利となりました。

グループCは、「スペイン1-1イタリア」。いきなり決勝戦かという好カード。しかし、スペインはストライカータイプを先発させないというまさかの布陣でスタート。まさに“0トップ”でした。細かなパス回しでイタリアの鉄壁の守備を攻撃しますが、なかなか切り崩すことができず、苦戦しました。前半は、ボール支配率が五分五分でしたから、これではスペインは勝てません。イタリアが先制しますが、セスクの同点ゴールで追いついたスペイン。結局ドローでした。

グループDもこれまた好カードの「フランス1-1イングランド」。イングランドはエースのルーニーを出場停止で欠いた状態。攻撃力が落ちているのは否めません。フランスは圧倒的な攻撃力で攻めまくりますが、なかなか得点には至りません。ジェラードのフリーキックから先制点を上げたイングランドでしたが、虎の子の1点を守りきれず、結局ドローとなりました。

各グループの上位2チームが決勝トーナメントに進むわけですから、第2節でおおむね勝負が付いてしまう場合もありますし、最後までもつれる場合もありますから、今後の対戦に注目しましょう。

グループリーグは”負けない”試合運びをする場合が多く、様子見から、堅い守りで、終始してしまうことも多々あります。そういう点から言えば、好カードが多かった第1節でも、ドローが多かったということでしょう。第2節以降がますます面白くなってきました。

« 「バッド・ティーチャー」鑑賞 | トップページ | 「セットアップ」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/54948250

この記事へのトラックバック一覧です: UEFA EURO 2012 グループリーグ第1節:

« 「バッド・ティーチャー」鑑賞 | トップページ | 「セットアップ」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ