« FNSの日27時間テレビ2012「笑っていいとも!真夏の超団結特大号!!徹夜でがんばっちゃってもいいかな? 」 | トップページ | それゆけ!アクアくん Vol.16 »

2012/07/23

「アメイジング・スパイダーマン」鑑賞

先日、「アメイジング・スパイダーマン(3D字幕版)」を観てきました。マーク・ウェブ監督作品(「(500)日のサマー」)。出演:アンドリュー・ガーフィールド (「ソーシャル・ネットワーク」)、エマ・ストーン (「ヘルプ 心がつなぐストーリー」) 、リス・エヴァンス、キャンベル・スコット  、イルファン・カーン、マーティン・シーン、サリー・フィールド、デニス・リアリー他。

13年前に父リチャード(キャンベル・スコット)と母メアリー(エンベス・デイヴィッツ)が失踪して以来、伯父夫婦であるベン(マーティン・シーン)とメイ(サリー・フィールド)に育てられてきた高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)。ある日、ピーターは自宅で父親の残していった鞄を見つけ、父の親友であった生物学者カート・コナーズ博士(リース・イーヴァンズ)と父の関わりを記したメモを発見する。父のことを知ろうと、ピーターはオズコープ社で遺伝子を研究するコナーズ博士を訪ねるが、そこで遺伝子操作の実験中の蜘蛛に噛まれてしまい、ピーターの体内で大きな異変が起こり始めるのだが・・・。 

アメコミから生まれた「スパイダーマン」シリーズの新章となる第1弾。ストーリーはおなじみのモノですが、今回の大きな試みの一つは3D映像ということで、普段はあまり見ない3D版を鑑賞しました。ビルの屋上から飛び降りたり、壁を這い上がったり、蜘蛛の糸で摩天楼を飛び交うシーンは臨場感たっぷり。何より、スパイダーマンの見た目映像が多く、スパイダーマンになったような感覚を味わえます。こういう作品でこそ、3Dは活きてくるように思えました。

物語でサム・ライミ版と大きく異なるのは、ピーターの両親の物語が描かれていること。なぜ、失踪し、伯父夫婦に預けられることになったのか?スパイダーマン誕生に大きく係わっていくことが描かれています。これにより、ピーターの苦悩がさらに増していて、物語に深みを与えてくれています。

また、ヒロインは、ニューヨーク市警警部キャプテン・ステイシー(デニス・リアリー)の娘で、同級生のグウェン・ステイシー(エマ・ストーン)。で、ピーターは早々にスパイダーマンの正体を明かしてしまいます。ミステリアスな関係を築いていたサム・ライミ版とは大きく異なる点でしょう。

エンドロールの途中で、次作へ繋がる伏線も描かれていますので、本編が終わってもすぐに席を立たないように。この先、どんな展開をしていくのか、楽しみです。また、マーベル作品ではおなじみのスタン・リー氏もきっちり登場。笑わせてくれます。

大いなる力を得たピーター・パーカー。その力を正しいことに使うことができるのか。困難がどんな人間になるのかを決めるはず。物語が過去を掘り下げているだけに、ピーターのナイーブさ、苦悩がより深く描かれていて、人間ドラマとしても存分に楽しめる作品になっています。超感覚を持ちながらも銃弾で傷つくあたりは、ココロの弱さ、完璧ではない肉体をもった新時代のヒーローの誕生を予感させる作品になっています。

« FNSの日27時間テレビ2012「笑っていいとも!真夏の超団結特大号!!徹夜でがんばっちゃってもいいかな? 」 | トップページ | それゆけ!アクアくん Vol.16 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/55240336

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメイジング・スパイダーマン」鑑賞:

« FNSの日27時間テレビ2012「笑っていいとも!真夏の超団結特大号!!徹夜でがんばっちゃってもいいかな? 」 | トップページ | それゆけ!アクアくん Vol.16 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ