« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012/08/31

2012.08映画鑑賞総括

8月の劇場での映画鑑賞は5本。今年の累計77本。今月は、少な目の本数で推移しました。今年の8月は夏休み期間中でも5本も鑑賞できましたので良かったです。例年であれば2,3本ですから。

0801   ダークナイト ライジング
0810   トータル・リコール
0817   アベンジャーズ
0820   THE  GREY凍える太陽
0827   プロメテウス

今月は、SF、アクション、ドラマとバラエティに富んだ作品がありました。

今月良かったのは、「ダークナイト ライジング」。「バットマン・ビギンズ」「ダークナイト」に続く3部作の完結編。以前の「バットマン」のエンターテインメント性たっぷりの雰囲気とはがらりと変わったダークな設定が良かった「ダークナイト」シリーズ。その最後を飾るにふさわしい作品でした。

精神的にも肉体的にも打ちのめされたバットマン=ブルース・ウェイン。バットマンが倒れた時、ゴッサムシティの命運も尽きる。窮地に立たされたバットマン。しかし、精神力で立ち上がる。そして、決戦。続く、素晴らしい幕引き。伏線が効いていてさわやかな感動を与えてくれる作品でした。今後の展開があるのかどうか?気になります。

「プロメテウス」も良かったです。「エイリアン」シリーズの1作目へと繋がる物語は、現代の映像技術で驚異の映像を見せてくれますし、ストーリーとしても素晴らしい内容になっています。今回は、物語に没頭したかったので2D字幕版を鑑賞しましたが、3D版は広がりのある映像が体験出来ることでしょう。

「エイリアン」シリーズ同様、精神的に強く、負けないヒロインが登場。どんな窮地に立たされても決して諦めない不屈の闘志が、そこにはありました。すでに続編の製作が決まっていると言うことですから、今後の展開が楽しみです。人類の起源はどこにあるのか?大きな命題です。

他の作品もなかなか良かったです。SFアクションが多いのは、夏のせいでしょうか?「トータル・リコール」は、世界観が面白かったですし、マーベルヒーロー総登場の「アベンジャーズ」も大迫力の映像が良かったです。ヒーロー同士の対決は興味深いです。毛色の違った「THE GRAY」は真冬のアラスカが舞台でしたが、寒さを感じられないのは、公開時期の失敗か。もう少し寒い時期でも良かったのでは?

来月9月は、「コロンビアーナ」「デンジャラス・ラン」「バイオハザードⅤ」「ロック・オブ・エイジス」「ハンガー・ゲーム」と期待作が目白押し。夏休みも終わって、家族向け作品は少なくなりますが、洋画の大作の公開が増えます。楽しみは続きます。

2012/08/30

Xperia SXでスマホデビュー!その3

先日、NTTドコモのスマートフォン、Xperia SX SO-05Dを購入しました。初めてのスマートフォン。大好きなソニー製品。楽しみながら勉強中です。

携帯電話よりも利用料金が掛かるのが常のスマホ。通話料金はそれなりですが、やはりパケット料金が莫大になります。で、料金プランには、「Xiパケ・ホーダイ フラット」と「Xiパケ・ホーダイ ダブル」という2種類のパケット定額プランがあります。

「Xiパケ・ホーダイ フラット」は、どれだけ使っても一定額になり、月額5,985円になります。「Xiパケ・ホーダイ ダブル」は、2段階定額で、最低料金は2,100円で、上限は6,510円となり、パケット通信料は0.42円/KB。現在は、「Xiスタートキャンペーン2(2012年9月30日まで)」実施中で、それぞれ、上限が4,935円と、5,460円になっています。

私としては、それほど使うつもりはありませんでしたから、まずは様子見で「Xiパケ・ホーダイ ダブル」ではじめてみました。しかし、使い始めて3日ほどで、上限に達していました。えー!!!そんな簡単に上限を超えるのー!!という感じでした。きっと何かの間違いに違いないと思っていましたが、そんなことはなく、日々パケット料は増えるばかり。上限に達しているのですから、金額は当然ですが変わりません。

初期設定で、いろいろとダウンロードしたり、練習でメールを送ったり、興味本位でついついアプリを起動したりといろいろしましたし、アプリの自動更新はしない設定にしていましたが、それでもバックグランドで何かしらが自動で接続していたようですし、一通り様々な設定を使ってみようというのもありましたし、あっという間に2段階の上限に達してしまうのは、当然のことだったのでしょう。

それに、自宅ではWi-Fi接続するように「エリア連動Wi-Fi」の設定もしましたが、そんなレベルではなかったようです。

ということで、9月からは「Xiパケ・ホーダイ フラット」へ変更するように手続きをとりました。また、2012年10月からは、「Xiパケ・ホーダイ ライト」と言う料金プランも始まるようで、これだとずーっと4,935円で使いホーダイ!になります。

一定額で使いホーダイ!なのですから、後はいかに有効に使うかと言うことになるのでしょう。あまり使わないというよりは、ほとんど使わないと言う状態でないと「Xiパケ・ホーダイ ダブル」は向かないということでしょう。とにもかくにも、スマホというのはお金の掛かるモノという認識が必要なようです。

つづく。

2012/08/29

Xperia SXでスマホデビュー!その2

先日、NTTドコモのスマートフォン、Xperia SX SO-05Dを購入しました。初めてのスマートフォン。大好きなソニー製品。楽しみながら勉強中です。

発売日に購入し、機種変更の手続きも完了。さっそく使い始めます。

手に取ると、本当に軽いです。95gですから。サイズは115×54×9.4mm。以前使っていたSO902iは109×46×20mmで102g。一回り大きいですが、薄さは半分以下で、質量も気持ち軽くなっています。

ボディカラーはデザインはブラックにしましたので、表も裏も真っ黒です。これが格好良い。アクセントとなる銀色のラインが良いです。本体裏面は、さらさらという感じの良いさわり心地。シリコンジャケットで覆ってしまうのはもったいない感じがしますが、傷つくよりはましと言うことで、装着します。保護フィルムも貼り付けます。

まずは初期設定。「スタートアップガイド」という小冊子の手順通りに進めます。タッチパネルの操作方法は、以前iPod Touchを使っていましたので、あまり気にすることなく読み進めます。主なキーや画面の説明を読み初期設定に入ります。

ドコモサービスの初期設定をしたら、次はGoogleアカウントの設定をします。これをしないと始まらないのがスマートフォンらしいです。アカウントを取得したら、続いてspモードメールの設定をします。spモードはiモードのメールをスマホで使うサービスです。スマホは何でもかんでもアプリをダウンロードして使うモノのようですから、spモードメールアプリをダウンロードして設定をします。

次に、電話帳の移し替えをします。SDカードでやろうと思い、SO902iからバックアップをとって、microSDHCカードにコピーしておきましたが、これが使えませんでした。何か違ったのでしょう。なので、赤外線通信でコピーしました。やり方は、小冊子には載っていなかったので、ネットでダウンロードした取扱説明書で確認しました。以前は分厚い取扱説明書が同梱されていたモノですが、最近は必要な人はダウンロードしてと言うスタンスになっているようで、全275ページもありました。分からないことがあったら確認するには一番ですが。

案外簡単に電話帳の移し替えができましたので、初期設定は無事終了。基本的な電話を掛ける、受ける、メールを書く、送る、受けるをやってみました。この辺りは直感的にできました。続いて、どんなことができるのか、いろいろとやってみました。

つづく。

2012/08/28

「プロメテウス」私的映画考Vol.266

先日、「プロメテウス」を観てきました。リドリー・スコット監督作品(「ブレードランナー」「グラディエイター」)。出演:ノオミ・ラパス (「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」)、マイケル・ファスベンダー (「SHAME‐シェイム‐」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」)、ガイ・ピアース 、イドリス・エルバ、ローガン・マーシャル=グリーン、シャーリーズ・セロン (「スノーホワイト」) 、ケイト・ディッキー、レイフ・スポール 、ショーン・ハリス、ベネディクト・ウォン、エミュ・エリオット、パトリック・ウィルソン他。

エジプトやマヤ、メソポタミアなどの古代遺跡の壁画から見つかったサインを、考古学者のエリザベス(ノオミ・ラパス)は人類を創造した知的生命体からの招待状ではないかと分析する。人類の起源の謎を解くため、エリザベスや恋人でもあるホロウェイ(ローガン・マーシャル=グリーン )、女性監督官ヴィッカーズ(シャーリーズ・セロン)、精巧なアンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)ら17名は巨大企業ウェイランド・コーポレーション宇宙船プロメテウス号に乗り込み、未踏の惑星を目指して出航した。2093年、目的の惑星にたどり着いた一行は、遺跡を見つけ、その奥へと足を踏み入れるが、異常な出来事が次々と起こり、脅威となって彼らに襲いかかっていく。

冒頭、美しい自然の映像が続きます。そして、巨大な宇宙船と巨大な人。タール状の何かを飲み込み、そして滝壺へ落下。砕け散った身体。そこから、現在の人類へと繋がっていくかのような遺伝子が作られ、細胞分裂が始まっていくかのような描写。ここは地球なのか、それとも別の星なのか。SFミステリーと言う感じの意味深な始まり方をします。で、この答えは最後まで語られないのですが、それはそれ、観る者が考えれば良いことなのでしょう。

そして物語は「エイリアン」のおよそ30年前から始まります。巨大な宇宙船で向かうクルーたち。皆、冷凍睡眠ですが、一人活動しているのは、アンドロイドのデヴィッド。いかにも機械的な動きと正確な動作がユーモラスで有り、少し悲しくも有り。「エイリアン」シリーズのお約束ともいえるアンドロイドですが、ビショップらと同様秘密のミッションを抱えています。

到着した惑星LV-223。文明の後がありありと遺っていますが、人影はなく、動植物の姿さえありません。が、「エイリアン」シリーズを見たことがある人であれば、似たような風景、建造物をあちらこちらに確認できます。壺のようなモノ、巨大な椅子、棺、クィーン・エイリアンのようなオブジェ・・・。

謎また謎は続き、ついに生命体が動き出す。偶発的にあるいは意図的に。そして、船内は阿鼻叫喚の殺戮が始まります。その正体は、いったい・・・。

人類の創造主に会うため、人類の起源を探るため、旅立ったクルーたちを襲う、異常な出来事。後半は、サスペンスを飛び越して、ホラーと言った雰囲気で、残酷な描写も多々ありますので、鑑賞には注意が必要です。

で、この後「エイリアン」へと繋がると思われる物語。すでに続編の製作が決まっているんだとか。今の技術であれば、どんなモノでも映像化できると思えますので、このレベルで、3部作を作ってくれると凄いことです。そして、SFミステリーの結末を確認したくなる、終わり方になっていますので、今後に期待せずにはいられません。

人類の起源にかかわる重大な手掛かりを発見した科学者チームが、謎を解明するために宇宙船プロメテウス号に乗り組み、未知の惑星に向かい真実を追うSFミステリー大作。

2012/08/27

リーガエスパニョーラ12-13シーズン第1節

2012年8月19日(日本時間20日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ12-13シーズンが開幕しました。今年もWOWOWで絶賛放送中。

昨シーズンはバルセロナとレアル・マドリードが熾烈な優勝争いをし、バルセロナの4連覇を阻止したレアル・マドリードが4年ぶりの栄冠を手に入れ、幕を閉じました。今季は、モウリーニョ率いるレアル・マドリードの連覇を、王座奪回に向けて新監督ティト・ビラノバ体制で挑むバルセロナが阻むのか?今シーズンも目が離せません。

今シーズンもWOWOWで、生中継を中心に毎節5試合を放送予定。第1節は以下の2試合を鑑賞。

バルセロナ‐R・ソシエダ

R・マドリード‐バレンシア

R・マドリードはホームでバレンシア戦。試合はレアルペースではじまり、前半10分、後方からのパスを受けたイグアインが、相手GKに何度もシュートを弾かれながら粘って押し込み先制ゴール。キーパーを褒めたいところでしたが、イグアインの気合い勝ちというところでしょう。このまま得点を重ねて行くのかと思いきや、バレンシアの反撃にあいます。前半終了間近の42分、FKで中央へクロスをあげ、ジョナスがヘディングシュート。これが綺麗に決まり、同点ゴール!

同点で折り返した後半。どうにも調子の上がらないC・ロナウドは良いところもなく、ズルズルと得点できないまま行きます。開幕戦で負けられないレアルが必死の攻撃を見せますが、決定打を欠き1‐1でドローとなりました。

バルセロナは、ホームでレアル・ソシエダ戦。ジョゼップ・グアルディオラ監督がチームを去り、ティト・ビラノバ新監督のもと、新生バルセロナの登場です。前半4分、プジョルが、豪快なヘディングシュートを決め、先制ゴール!5分後には相手FWゴンサロ・カストロに一瞬のすきを突かれて同点とされるものの、そこからのバルサは強かった。11分、16分と立て続けにメッシがゴールを上げると、41分にペドロが決めて、前半を終わって4‐1とします。

後半74分、負傷で長期離脱していたFWビジャが途中交代でピッチに入ると、客席からは大歓声。84分には、そのビジャが復帰を祝うゴールを決めて5‐1。最高の状態でバルセロナが開幕戦を勝利で飾りました。

ついに開幕したリーガ・エスパニョーラ12‐13シーズン。昨年王者のレアル・マドリードが、バレンシアと対戦し、引き分けと言うスタート。何とも動きにキレのなさが目立つC・ロナウドでしたし、カシージャスとぺぺが激突し、ぺぺが負傷退場するという波乱も有り、先行きが不安になります。一方の、バルセロナは、レアル・ソシエダに対して5‐1で快勝しました。危なげなく、華麗なパス回しは観ていてほれぼれします。そして、待望のビジャの復帰。対照的な2チームでした。

で、この2強が戦う「スペインサッカー スーペルコパ 」が2012年8月24日、30日にホーム&アウェイで開催されます。今シーズンを占う前哨戦とも言えるクラシコ。こちらも見逃せません。

2012/08/24

Xperia SXでスマホデビュー!

先日、NTTドコモのスマートフォン、Xperia SX SO-05Dを購入しました。初めてのスマートフォン。大好きなソニー製品。楽しみながら勉強中です。

発売日となった2012年8月10日。発表後すぐに家電量販店で予約していましたので、発売日当日、スムースに購入することができました。

今回は機種変更ということで、手続きに入ります。これが実にややこしい。料金プランに関してもある程度決めていきましたが、再度説明を聞きながら決めていきますし、補償やら何やらいろいろとありました。

説明してくれるお兄さんは、実にわかりやすくしてくれるのですが、ときおり分からない言葉が出てきますから、逐一確認しながら説明を受けました。結局、なんじゃかんじゃと45分ほどやっていましたか。

その後、実際の作業に入り20分ほどで手続きは完了しました。

いよいよ決済です。本体価格は61,950円。そこからドコモポイント等の値引きを入れて支払額は59,430円でした。

最近のドコモでは、実質本体価格を支払い、残額を24回の分割払いにして、その金額と同額の値引きする“月々サポート”なるモノがあります。一括払いした場合は、月々の利用料から24ヶ月間同額を相殺することになりますので、結果は同じようですが、家電量販店で購入するメリットは、購入時に付与されるポイントです。この店では10%還元ですから大きいです。なので、今回は一括払いにしました。

SO-05Dの場合、月々サポート料金は1890円。10年以上のユーザーなので+420円となり、月々合計2,310円になります。それが24ヶ月分ですから、実質本体価格は、3,990円になりました。

支払いも終わり、本体も受け取りました。別売の付属品は純正のACアダプタと、レイアウトのシルキータッチ・シリコンジャケットRT-SO05DC1/Bをポイントで購入し、会計は終了。

無事、発売日に機種変更が終わり、新しいスマホを手に入れることができました。初めてのスマホ、Xperia SX SO-05D。どんな機能があり、どんなことができるのか、さっそく使い始めます。

つづく。

レイ・アウトXperia SX用 シリコンジャケット シルキータッチ (ブラック) RT-SO05DC1/B

2012/08/23

「安全地帯」 移籍、再始動

安全地帯デビュー30周年である2012年。新たな境地を開くべく、安全地帯・玉置浩二のインディーズレーベル「SALTMODERATE」を7月に発足し、再始動しました。そして、2012年8月22日、Newアルバム『The Ballad House~Just Old Fashioned Love Songs~』を発売しました。

デビュー30周年を迎え、これまで歌われてきた珠玉の名曲バラード10曲を収録した本作。メンバーの思い入れの深い曲を中心にアレンジを一からやり直し、再レコーディングしてあります。さらに、2曲の新曲「君がいないから」「SOS」を加えた全12曲のバラードを聴かせてくれます。

『The Ballad House~Just Old Fashioned Love Songs~』

1.君がいないから
2.雨(安全地帯Ⅺ)
3.あなたに(安全地帯Ⅱ)
4.消えない夜(安全地帯Ⅳ)
5.風(安全地帯Ⅲ)
6.Juliet(安全地帯Ⅵ)
7.微笑みに乾杯(THE VERY BEST OF 安全地帯)
8.…もしも(安全地帯Ⅶ)
9.ほほえみ(安全地帯Ⅴ)
10.ひとりぼっちのエール(安全地帯コンプリートベスト)
11.夢の都(安全地帯Ⅶ)
12.SOS

新曲の2曲も良いですが、これまでのセルフルカバーの曲とは一線を画した、渋い選曲が良いです。ほとんどの曲がアルバムのなかの曲で、シングル曲は少ないです。原曲の収録アルバムも記しておきましたが、こうしてみると、キティレコード時代(現ユニバーサルミュージック)の各アルバムから、1曲ずつ取り上げているような感じになっています(複数収録もありますし、収録なしもあります)。「SALTMODERATE」はソニーミュージック内のインディーズレーベルですので、版権の問題もあるのでしょうが。

アレンジにしても、大幅に変わっているモノから、ほぼ原曲通りのモノもあります。が、ボーカル玉置浩二の歌声の素晴らしさは、年を重ねるごとに良くなっているような気がしますから、このバラードセルフカバー集は涙ものですし、価値があると言えます。

こうなると今後の展開が気になります。今年はメジャーデビュー30周年、来年は結成40周年というのですから、記念すべき1年になるのは間違いありません。この「SALTMODERATE」は、“安全地帯・玉置浩二のインディーズレーベル”となっていますから、玉置浩二名義の曲のバラードセルフカバー集とか、安全地帯のロックテイストな曲セルフカバーとかもあるのでしょうか。

もちろん、オリジナルアルバムの発売が一番嬉しいですが、記念すべきこの年に、過去の遺産を再度、ボーカル玉置浩二が歌い直すというのは、良いのかもしれません。今回のソロ活動は、安全地帯と平行して行うと言うことですから、その棲み分けも興味深いところです。

2010、2011年は玉置のスキャンダラスでエキセントリックな言動が話題となってしまい、音楽活動自体は思うように行かないこともあったに違いありません。ミュージシャンというのは生き様事態が音楽であって良いとは思いますから、今後も自由奔放に生き、魂の楽曲を作り上げ、歌い続けて欲しいモノです。

いずれにしても、このNewアルバム「The Ballad House」は、記念すべき年のスタートを切るにふさわしい1枚になっています。「安全地帯」「玉置浩二」 移籍、心機一転、再始動。今後の活動に大注目です。

2012/08/22

「THE GREY 凍える太陽」鑑賞

先日、「THE GREY 凍える太陽」を観てきました。ジョー・カーナハン監督作品(「特攻野郎AチームTHE MOVIE」)。出演:リーアム・ニーソン (「96時間」「アンノウン」)、フランク・グリロ 、ダーモット・マローニー、ダラス・ロバーツ、ジョー・アンダーソン、ノンソー・アノジー 、ジェームズ・バッジ・デール他。

オットウェイ(リ―アム・ニーソン)は、石油採掘現場で、野獣の攻撃から作業員たちを守るために雇われた射撃の名手であった。ある晩、休暇で家族の元へ帰る作業員たちと共に飛行機に乗り込むが、凄まじい嵐に遭遇し、アラスカの山中に墜落してしまう。放り出されたのは、激しい吹雪が荒れ狂い、全てが深い雪に覆われた想像を絶する極寒の地。生存者たちと共に、残された少ない道具で火を起こし、わずかな暖を取っていた男たちは、やがて自分たちをじっと見つめ、暗闇に光るいくつもの眼に気付く。そこは野生のオオカミたちの縄張りだったのだ・・・。

予告編は一度見たような気はしますが、全くどういう話しなのか分からずに鑑賞しました。冒頭の語りはもの悲しく、人生の悲哀に満ち、最果てのアラスカの地で、晩年を過ごす老スナイパーが語り続けます。一度は自殺さえも考えたオットウェイでしたが、墜落事故で生き残った彼は、懸命に生きようと、仲間は守ろうとしました。

いつも彼の頭をよぎるのは、最愛の妻。「恐れないで」とは生前の彼女の言葉だったのでしょうが、再三、彼を励まし続けます。「生きろ」と。そして、もう一つ。父の作った詩。幼少期に聞いたの4行ばかりの詩。「最強の敵を倒した時に・・・」というその詩は、彼の生きる根源だったのかもしれません。その言葉をかみしめ、どんな窮地に立たされようと、全力を尽くしてきたのです。

しかし、自然の猛威は彼と仲間たちを襲います。墜落から生き残ったのは、7人。一人また一人と、凍死、オオカミの餌食となっていきます。太陽が顔を出さない灰色の原野で、寒さに震えながら、なんとか生き延びようと試みます。縄張りを避けるために森へ逃げ込む一行。しかし、オオカミの追撃は後を絶ちません。そこはいったい・・・。

タイトルの「グレイ」は、仲間たちを襲う冬のアラスカの王とも言えるオオカミの色でもあるでしょうし、ほとんど太陽が顔を出さない冬のアラスカの天気でもあるでしょう。そして、主人公オットウェイの心象風景でもあるようでした。愛する妻を失い人生に絶望している彼が、苛酷な環境の中で再び生きる力を取り戻していく過程を描いた人間ドラマになっています。

飛行機の墜落によって極寒のアラスカに放り出された7人の男たちが、狼の襲撃とも戦いながら、生き残りを懸けて戦う様を描くサバイバル・アクション。残酷な描写も多々ありますので、鑑賞には注意が必要です。

2012/08/21

リーガエスパニョーラ12-13シーズン始まる!

2012年8月19日(日本時間20日)、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ12-13シーズンが開幕しました。今年もWOWOWで絶賛放送中。

昨シーズンはバルセロナとレアル・マドリードが熾烈な優勝争いをし、バルセロナの4連覇を阻止したレアル・マドリードが4年ぶりの栄冠を手に入れ、幕を閉じました。今季は、モウリーニョ率いるレアル・マドリードの連覇を、王座奪回に向けて新監督ティト・ビラノバ体制で挑むバルセロナが阻むのか?今シーズンも目が離せません。

世界最高峰のサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラ。世界中からスーパースターが集結し、大注目の“世界最強リーグ”スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ。2012年8月から2013年6月まで、全20チームがホーム&アウェイ方式で対戦します。今シーズンもWOWOWで、生中継を中心に毎節5試合を放送予定。

グアルディオラが去ったバルセロナ。新監督ティト・ビラノバ体制となりました。補強もしましたが、なんといってもビジャの復帰がうれしいニュースです。試合から離れてかなりたちますから、まだまだ本調子ではないのでしょうが、今シーズンは活躍してくれることを望みます。

2強に次ぐ勢力のバレンシア、マラガや、昨シーズンのスペイン国王杯コパ・デル・レイで決勝に進出する躍進を見せたアスレティック・ビルバオなどのチームがどう絡んでくるか要注目です。

また、昨シーズン、驚異の50ゴールを挙げたメッシ(バルセロナ)、46ゴールのクリスティアーノ・ロナウド(R・マドリード)の得点王争いにも注目です。

ユーロ2012で史上初の2連覇を達成したスペイン。その余韻もさめやらぬ中、いよいよ開幕したスペインサッカー リーガ・エスパニョーラ。大注目の熱戦が今シーズンも繰り広げられることでしょう。昨年はストで第1節が延期されましたし、数年前には放送権をめぐってトラブルがあったりと何かとWOWOWのリーガ放送には問題がありましたが、今年は何事もなくスタートしてくれたようです。毎年、この時期になるとちゃんと放送が始まるのだろうかと思ってしまいますが、これで一安心です。

そして、2012年8月24日5:20~、今シーズンを占う前哨戦とも言えるクラシコがいきなりあります。「スペインサッカー スーペルコパ  1st Leg バルセロナvsレアル・マドリード」です。前シーズンのリーガと国王杯の優勝チームがホーム&アウェイ方式で新シーズン初タイトルを争う大会。こちらもお見逃しなく!

2012/08/20

「アベンジャーズ」鑑賞

先日、「アベンジャーズ」を観てきました。ジョス・ウェドン監督作品。出演:ロバート・ダウニーJr. (「シャーロック・ホームズ」)、クリス・エヴァンス (「キャプテン・アメリカ」)、マーク・ラファロ (「シャッターアイランド」)、クリス・ヘムズワース (「マイティ・ソー」)、スカーレット・ヨハンソン (「幸せへのキセキ」)、ジェレミー・レナー (「ハート・ロッカー」)、トム・ヒドルストン 、サミュエル・L・ジャクソン (「スターウォーズ」シリーズ)他。

長官ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャクソン)は、未曾有の危機解決のため、最強ヒーローたちによる“アベンジャーズ”を招集する。女スパイのナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)、ハルクことブルース・バナー(マーク・ラファロ)、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)らである。ソー(クリス・ヘムズワース)の弟であるロキは、キューブの力で異世界の軍隊を地球に呼び込み、征服を企む。マンハッタン上空に次々と姿を現す地球外の軍勢。この危機を前に、アベンジャーズは世界を救うことができるのか?!

これまで、単体で公開されてきたマーベルヒーローズ作品。そのヒーローが一堂に会して、悪と戦う“アベンジャーズ・プロジェクト”がここにスタート。「アイアンマン」「マイティ・ソー」「キャプテン・アメリカ」のエンドロール後に毎度、現れては勧誘を続けていたサミュエル・L. ジャクソン演じる、謎の男ニック・フューリー。真の姿は、国際平和維持組織シールドの長官。ヒーローを集めて巨悪に対抗するべくアベンジャー計画を立ち上げたモノの頓挫。しかし、未曾有の危機により集結を余儀なくされます。

が、我の強いヒーローばかりが集まったモノだから、さあ大変。いがみ合いは諍いとなり、どつきあい、でまとまりがつきません。そんなこんなで、ロキが急襲。さらに仲間割れを助長し、ついにバラバラに。そして、ロキは、軍勢を送り込み、マンハッタンは阿鼻叫喚の地獄絵図。なんとか集合したアベンジャーズの面々が居並ぶシーンは何とも言えない感動さえ巻き起こります。そして、決戦の時。一つになったアベンジャーズは、どう戦い抜くのか?世界を救うことはできるのか?

アクションシーンはてんこ盛りで、見応えがあります。序盤は、ヒーロー同士の戦いも見られ、仮面ライダーやウルトラマンに客演する仲間たちで、盛り上がれる世代にはたまらないシーン満載です。今回は2D字幕版を鑑賞しましたが、3D版の公開もありますので、さらに迫力が増すことでしょう。

お約束のスタン・リー氏の登場もありますし、さらなる展開を予感させるシーンがありますのでエンドロールが始まっても、すぐに席を立たないように。最後の最後まで、お楽しみがあります。

世界を破壊する力を持つ四次元キューブをめぐって、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクなど、マーベル社のヒーローたちが集結し、壮大なバトルを繰り広げるアクション大作。

2012/08/17

「トータル・リコール」鑑賞

先日、「トータル・リコール」を観てきました。レン・ワイズマン監督作品(「ダイ・ハード4.0」)。出演:コリン・ファレル(「マイアミ・バイス」「フライトナイト」)、ケイト・ベッキンセール(「アンダーワールド」「ホワイトアウト」)、ジェシカ・ビール(「ニューイヤーズ・イブ」)、ビル・ナイ(「タイタンの逆襲」)他。

“記憶”が簡単に売買される近未来。世界は大きな戦争の果てに、正常な環境を失い、人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。ある日、ダグラス・クエイド(コリン・ファレル)は、退屈な毎日に嫌気がさし、刺激を求めてリコール社の人工記憶を買いに行く。だが、彼の記憶が書き換えられようとしたその時、ブリテン連邦の連邦警察官の襲撃を受ける。そこで自分の知らぬ戦闘能力を知り、困惑する。帰宅したクエイドは、今度は彼の妻ローリー(ケイト・ベッキンセール)に襲われる。いったい何が起きているのか?分からぬまま逃げ、情報を掴み、謎に迫るのクエイドだったが・・・。

SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」を映画化した本作。1990年に製作されたポール・バーホーベン監督版は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演でヒットしました。が、私は未見なので今回のリメイク版との比較はできませんが、前作の知識が少ないながらも、だいぶ世界観が変わっているという感じは受けました。

コロニーは「ブレードランナー」の世界観に似ていて、荒廃した世界で、さらに雑多にした感じ。いつも雨が降っているようで、そこも似ています。中国というかアジアの色が濃く出ていて、やはり現在の世界情勢を反映させているようです。そのコロニーでの追走劇は大迫力。美しくやさしい妻が突然襲いかかってきて、「ダグラス・クエイドなんて人間はいない」といわれ、逃げ回ります。住居はかなりの階層になっていて、そこを駆け抜け、飛び降り、銃弾が飛び交います。

もう一つ面白い設定が、コロニーとブリテン連邦をつなぐ、列車。オーストラリアとイギリス辺りらしいですが、地球のほぼ真裏なのでしょう。なので、まっすぐ降下し、地球の中心核を通り抜けます。そこでの描写が面白いです。重力が反転し、一瞬、無重力状態になります。序盤にこの描写を見せておいて、クライマックスでは伏線となってアクションの面白さを出しています。

最新の技術でできあがった映像を見るだけでも興味深いのですが、しっかりとしたテーマも見て取れます。過去よりも現在、そして未来が大切なんだと。これからをどう生きるか?それが大切。現在の世界情勢は、良いとはとても言えませんが、それでも希望はあるはず。そんな、強さを感じられる作品になっていました。

近未来の地球で、記憶を操作され、自分自身をも信じることができない主人公が、自分のやるべきことを見つける様を描く、SFアクション大作。

2012/08/10

明後日からお盆休み

毎日暑い日が続く新潟県地方。立秋を過ぎて、朝晩少しだけ涼しくなったような気もしますが、日中は30度前後の日が続いています。7月下旬の暑さ以降、熱中症が多発しているようですので、ご注意ください。

明後日から当社は夏季休業に入ります。今年は8/12~17までの5連休。このお休みは、お墓参りに行くくらいの予定しかなく、あとは普段出来ない掃除や片付けをしたりで、のんびりと過ごす予定です。それと、本日(2012年8月10日)発売のドコモのスマートフォンXperia SX SO-05Dを手に入れましたので、じっくり勉強しようと思います。

お天気はと言えば、一部、雨も降る日もありますが、概ね晴れの予報になっていて、お盆休み期間も真夏日が続くようです。

あいかわらずアクアくんでエアコンを入れることはほとんどなく、汗をフキフキ過ごしています。どうも、私はエアコン自体が苦手のようで、ちょっぴり風邪気味です。7月下旬かなり暑かったので、自宅で就寝前にエアコンを掛ける日もありましたし、夕方からリビングでエアコンを入れる日もありました。そのためかどうか分かりませんが、喉が痛くて、鼻水が出る程度ではありますが、風邪気味です。

お盆を過ぎれば少しはこの暑さも少し落ち着いていくのでしょうが、体調には十分に配慮して過ごしたいと思います。皆様も熱中症対策を怠らないように。長時間、炎天下に出ないことはもちろんですが、屋内にいても、こまめな水分補給と塩分補給をお忘れなく。

当社は8月決算で、休み明けから、いろいろとバタバタしますので、計画的に仕事を進めるとします。

2012/08/09

「Chan-Toru」でリモート録画予約 その4

これまで、ドコモの携帯電話SO902iのiアプリ「Gガイド番組表リモコン」を利用して、外出先からBDレコーダーへと接続し、番組予約をしてきました。しかし、地上デジタル放送しか予約ができませんし、携帯電話もそろそろ替え時かと言うことで、パソコンやスマートフォンを使って、番組予約ができる「Chan-Toru」を使い始めたのが、2011年夏。

その後、バージョンアップを繰り返し、現在はver.β4.0.1になっています(2012年8月1日現在)。その間、スカパー!e2、スカパー!HDへの対応や、USB-HDDへの対応等がありました。

で、最近の大きなバージョンアップは、1アカウントで4台までレコーダーを登録できるようになったこと。2012年7月17日にβ4.0.0になったのは、この4台登録と、「nasne(ナスネ)」の対応でした。nasneは発売直前に不具合が確認され、発売が延期されてしまいましたが、この度、8月30日再発売が発表されました。

nasneはホームサーバーとしては、面白そうだなあと思いましたが、チャプター機能が全くないようで、それでは使い物になりませんから、とりあえず購入は見送りました。バージョンアップされて、付加機能が安定したところで、再度購入を検討するとします。

話しを元に戻しますと、4台までレコーダーが登録できるということになり、喜びました。現在、ブルーレイレコーダーを4台使っている私としては嬉しい限りです。それまでは、よく使う2台の内、BDZ-RX100は「Chan-Toru」で録画予約し、もう1台のBDZ-AT970Tは「Gガイド.テレビ王国」を使って予約していました。残りの2台、BDZ-RX55とBDZ-AT300Sは、オンラインでの予約はしていませんでした。

さっそく、残りの2台を「Chan-Toru」に登録します。まずは、レコーダーをネットワークに接続。接続確認ができたら、「Chan-Toru」の設定画面から、「レコーダーの設定」を実行。「レコーダーを追加登録する」とし、「BDレコーダー登録」を実行します。登録用パスワードが表示されますので、レコーダー本体に戻り、「リモート機器登録」で入力します。成功すれば完了です。

登録リストが3台になりました。

「予約リスト」を確認すると、番組タイトル、放送日時、放送局の後に、[BDZ-RX55]のように、「レコーダー名」が表示されています。画面上部の「検索オプション」をクリックすると、各レコーダー名が表示され、クリックすると、該当レコーダーの予約リストだけが表示されるようになります。これは便利。新しめの「BDZ-AT300S」だけは、毎週録画等の詳細予約ができます。

「録画リスト」も予約リストと同様に、各レコーダーごとの表示やジャンルごとの表示ができますし、タイトルの削除ができます。

使ってみての感想ですが、使い勝手はとてもいいです。テレビ画面でいちいち確認しなくても、家にいなくても、予約の確認や録画タイトルの整理ができるのはとても便利です。が、まだまだ安定していないようで、古めの機種であるBDZ-RX55とRX100はデータが表示されないことが多々あります。ネットワーク環境の悪化等、外的要因によるモノかもしれませんし、ソフト自体のバグなのかもしれませんが、思うように操作できないことがあります。

この辺りは、徐々に改善されていくのでしょうが、もしかして、4台も登録する人がいるとは思っていなかったりして(そんなことないか)。ベータ版なのでサポート自体がありませんから、とりあえず、不具合の報告をしておいて、さらなるバージョンアップによる安定を期待するしかありません。

まもなく、携帯電話からスマートフォンXperia SX SO-05Dへと機種変更を行う予定ですが、そちらでも試してみようと思っています。

つづく

2012/08/08

それゆけ!アクアくん Vol.18

先日、アクアくんの6ヶ月点検に行ってきました。

特に問題もなく、点検は45分ほどで終了。点検自体は約30分なのですが、洗車もしていただきましたので、+15分ほど掛かりました。

以前からご紹介しているトヨタ純正スマートナビ「NSZT-W61G」+「iPod対応USB/VTRアダプター」の不具合問題。iPodで音楽再生中に、フリーズするという現象が頻発していました。

カーナビ本体、iPodアダプター、配線をそっくり交換してもらいましたが、現象は改善されませんでした。納得がいきませんので、トヨタ店の担当者には、メーカーと交渉してもらうことになっていました。それが2012年5月のことでした。

ところが、その後、一切、トヨタ店の担当者からは連絡が入っていません。こちらから郵便で、「1ヶ月に1度、書面で進捗状況を知らせる」ようにお願いしておきました。が、8月になっても連絡はありませんでした。

その態度に、気分を害しましたので、今回、6ヶ月無料点検は別の店舗にお願いすることにしました。自宅に一番近い店舗に変更です。3年分のメンテナンスサポート料金を前払いしてありますので、今後もこちらにするかもしれません。

アクアくん自体には満足していますが、売ったら売りっぱなしというトヨタ店の態度には、まったく納得がいきません。実際、メーカーとの交渉が行われているのかどうかさえ分かりませんが、今後、どのような対応をしてくれるのか、楽しみに待つとします。

2012/08/07

NTTドコモ Xperia GXとSX発売!その2

NTTドコモより、Xperia GXとSXをそれぞれ8月9日、10日に発売することとなりました。

発売日が近づいてきましたが、急遽発売が決まったことで、ケース等やら、ガイドブック等の書籍の発売も緊急です。当初は8月下旬の発売となっていたモノもありましたが、最近になってようやく情報が更新され、Xperia SX関係は8月10日発売となった商品もでてきました。

Xperia GXとSXは、いずれもXperiaシリーズ初のXi(クロッシィ)対応モデルとなっていますが、ここが問題です。Xiデータ通信は、受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbpsの高速データ通信。光回線並みのスピードと常時接続に近い短時間アクセスで、ブロードバンドを快適に楽しめるという新サービスです。

が、エリアがまだまだ狭いです(2012年6月現在)。首都圏はまずまず使えるようですが、新潟市内はほとんど該当エリアがなく、新潟市中心部や大型ショッピングセンター周辺のみという感じです。自宅はおろか会社でも使えません。今後徐々に拡大されると言うことですが、どうなりますか。

Xiエリアでないとデータ通信が使えないかと言えば、そんなことはなくFOMAエリアでもデータ通信は可能です。まだまだ次世代通信は過渡期と言うことでしょう。

いつも思いますが、料金プランがややこしくていけません。スマホは初めてなので、どのくらいの料金プランがいいのか分かりませんが、とりあえずは一番安価なプランではじめてみようと思います。定額プランまで使うのか、そこまでいかないのか。何でもスマホというのは、自動で接続して更新する機能があるとかないとか。そんなのでは、データ通信料金が嵩んで仕方がありません。そのための定額プランなのかもしれません。

また、2年契約というのも凄いです。中途解約すると解約金が発生するというモノ。何度かこの解約金を払っていますから、今回からはマイツールのスケジュールデータに入れて管理したいと思います。

「Xiトーク24」では、相手がドコモなら24時間国内通話定額になるんだとか。「Xi総合プラン」+「Xiカケ・ホーダイ」に加入すれば、相手がXiでもFOMAでも通話が定額になります。

発売までもう少しありますから、料金プランに関しては、よーく検討しようと思います。また、ケース等を研究中で、どれを買うか、決めかねています。それと、初めてのスマホですから、ガイドブックも購入しようかとは思っています。発売が待ち遠しいです。

2012/08/06

それゆけ!アクアくん Vol.17

2012年2月に納車されたトヨタの新型ハイブリッド「アクア」。まもなく丸6ヶ月になろうとしていますが、この度、燃費30.0km/Lを達成しました。総走行距離は8100kmほどになりました。

   日付 給油 距離 燃費
0710   31  837 29.0
0714   19  455 25.0
0718   32  778 26.1
0803   27  773 30.0

前回までの燃費の状況は上のようになっています。マイツールで記録していますが、そのままデータを貼り付けました。左から、給油日、給油量、走行距離、燃費となります。燃費はトリップメーターでの記録による燃費の実測値です。

前回の報告で、それまでの最高値である29.0km/Lを出した後は、長距離ドライブに出掛け、高速道路を多用した結果、25.0km/L、26.1km/Lと低迷しました。しかし、旅行帰りに給油後は気分一新、さらなる記録を目指して走行しました。

もちろんエアコンは使用せず、いつもより丁寧に加速し、無理な加減速はなるべくせず、下り坂ではアクセルを緩めたり、新潟バイパス走行時は、真ん中車線を制限速度内で安定走行したりとエコドライブを心掛けました。

また、7月下旬は、最高気温が30度を超え、連日の真夏日になりました。そのせいもあってか、暖機運転は心なし短めになっているようでした。また、日中、仕事で外出する場合、短距離が多くなることもありましたが、順路を変更し、最初に遠くまで行き燃費を稼ぎ、エンジンが暖まったところで短距離を繰り返すという風に心掛けました。

ということで、今回とうとう大台の30.0km/Lを達成しました。やりました!ありがとうございます。前回の燃費実績で、現在の私の走り方では、30km/L越えは難しいのではと書いた矢先ではありますが、記録更新です。

どこかで読みましたが、新車は最初は燃費があまり良くなくて、1万kmとか1年も走ると、車自体がこなれてきて、さらに燃費は向上するんだとか。まさに、その状態になってきているのかもしれません。

暑さは今がピークでしょう。お盆を過ぎれば徐々に涼しくなっていくのでしょうが、なかなか厳しい暑さが続いています。暑さも手伝って、とりあえずの大台を出せたので、満足度がさらに増しましたが、暑い日はまだまだ続きますので、体調管理はしっかりしたいと思います。私の周辺でも、熱中症で体調を崩す人が多くなってきていますから、気をつけなければいけません。

2012/08/03

NEW VAIO Sシリーズ 来る!その5

先日、ソニーストアで、2012年春モデルのNew VAIO「Sシリーズ」VPCSA4AJを購入しました。

今回は、ソニーストアのオーナーメードモデルでの検討はもちろんですが、「Zシリーズ」と「Sシリーズ」で検討し、さらにSシリーズでも、SE、SA、SBで検討しました。結果、NEW VAIO S(SA)シリーズ VPCSA4AJに決定し、発注しました。

インストールも終了し、パソコンのお引っ越しも無事終了。使い始めました。

VAIOには様々なアプリケーションがプリインストールされています。まずは「VAIO Care」を起動。VAIOの情報、VAIOのソフトウェア、困ったときは、その他の機能、サービスとサポートのそれぞれの項目から、VAIOのハードとソフトに関して知ることができます。VAIOの現在の状態も確認できますし、更新情報もお知らせが入りますので、便利です。

その中でも指紋センサーを使った「AuthenTec TrueSuite」が便利です。指紋認証は以前から使っていましたが、起動時に入力するパスワードの代わりに指紋センサーを使う程度でした。

が、このアプリケーションは、違います。インターネットをしていると会員登録等してあるサイトでID、パスワードを入力することが多々あります。Cookieがおぼえている場合もありますが、覚えてくれない場合もあり、その際は記憶を頼りにして入力したり、マイツールで記録してあるページからコピーして貼り付けたりしていました。

しかし、この「AuthenTec TrueSuite」はID、パスワードを入力する際、逐一起動し、入力を助けてくれます。指紋をピッとスライドさせるだけで、入力する必要はありません。これが便利なんです。年々記憶力がなくなっていくのもありますし、覚える気もありませんので、助かっています。ネット銀行系はセキュリティがちょっと複雑な場合も有り、対応が面倒な場合もありますが、ほぼ全サイトで使えますので、重宝しています。

あとは、以前からもあったのですが、今回初めて使った「VAIO Smart Network」。自宅でも会社でもワイヤレスLANでネットに接続していますが、当然のごとく設定が違います。自宅は緩いセキュリティですが、会社はちょっと厳しく目になっていて、IPアドレスを個別に設定しています。

以前のパソコンでは、当初、設定の変更をしないでも使えていたのですが、途中から駄目になり、出社する度に、IPアドレスを入力していました。で、今回新しいパソコンにしたこともあったので、何かいい方法はないかと見てみたら、ありました。それが、「VAIO Smart Network」です。

環境ごとに違う複数のネットワーク設定を、その場にあった状態に自動で切り替えてくれるソフトです。最初に、「自宅LAN」「会社LAN」等の名前で設定(IPアドレス等)を登録をしておきます。そうすると、パソコンを起動した時に、自動的にネットワークを検出し、切り替えてくれます。これは便利。煩わしいIPアドレスの入力をしなくても良いので、重宝しています。

他にも便利なソフトがプリインストールされていますので、ちょこちょこと使い始めています。

つづく。

2012/08/02

「ダークナイト ライジング」私的映画考Vol.265

先日、「ダークナイト ライジング」を観てきました。クリストファー・ノーラン監督作品(「インセプション」「プレステージ」)。出演:クリスチャン・ベール(「ダークナイト」「ザ・ファイター」)、アン・ハサウェイ(「アリス・イン・ワンダーランド」)、トム・ハーディ(「ブラック&ホワイト」)、マリアン・コティアール(「コンテイジョン」)、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット(「50/50フィフティ・フィフティ」)、モーガン・フリーマン(「インビクタス」)、ゲイリー・オールドマン(「裏切りのサーカス」)他。

ジョーカーとの戦いから8年、バットマンはゴッサム・シティーから姿を消し、ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は隠遁生活を送っていた。そんな彼の家にセリーナ・カイル(アン・ハサウェイ)という女性が忍び込み、彼の指紋を盗み出す。彼女に盗みを依頼した組織が何か大きな計画を立てていると気付いたブルースは、再びバットマンのコスチュームに袖を通す。その頃、不気味なマスクをつけたベイン(トム・ハーディ)という男が、ゴッサム・シティーの地下で大規模テロを計画していた。クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト三部作」完結編。

冒頭、航空機襲撃から始まり、迫力のある映像が続きます。いったい何が起こっているのか、訳が分からぬまま、ゴッサムシティに嵐が近づいていることを知ります。ブルースは、屋敷に立てこもり、杖をつき、生活をしていましたが、キャットウーマン=セリーナ・カイルの進入により、その生活を脅かされはじめます。暗躍する謎の組織は着々と包囲網を狭め、ゴッサムを、バットマンを葬り去る計画を進めていきます。

ベインの強さは凶悪で、その凄まじさはバットマンを圧倒します。仮面が破壊されるシーンは悲壮感が漂います。傷つき、倒されたバットマンは収監され、ゴッサムシティが崩壊していくのをただただ見つめることしかできませんでした。核爆弾を所持したベイン一味がゴッサムシティを人質にします。刑務所は開放され、自警団ができあがり、警察官狩りが始まる。核爆弾爆発までのタイムリミットは5ヶ月。バットマンの復活はなるのか・・・。ゴッサムシティの運命は!?

バットマンとベインの肉弾戦も大迫力ですが、メカを使った空中戦、カーチェイスも素晴らしい出来です。CGもあるのでしょうが、メイキングが気になります。また、ハンス・ジマーの音楽も良かった。遠くから聞こえてくるような歓声のような合唱、レクイエムのようなテーマ、迫力のある映像をさらに後押しし、たたみかけるような音楽の数々。サントラが欲しくなりました。

「バットマン・ビギンズ」「ダークナイト」に続く三部作の完結編にふさわしい物語が展開します。ブルース=バットマンの苦悩、葛藤、ブルースの師であるラーズとの因縁と過去の物語がリンクしていきますので、前2作を観てからから鑑賞すると、より楽しめるでしょう。傷ついたゴードン本部長をサポートする熱血警官ブレイク(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)の活躍も見所の一つになりますし、彼の本名が実は・・・。というからくりもあったりして、楽しめます。

台詞一つ一つが、心に染み渡り、今、立ち上がる勇気を思い起こさせる作品になっています。そして、ゴッサムシティを守るために戦ったバットマンの最期。感動のラストへと向かい、泣き所もあります。伏線が効いているラストが粋です。スピンオフ作品の製作もあるの?と思わせてくれますが、どうでしょう。

「ダークナイト」から8年間後のゴッサム・シティーを舞台に、バットマンと新たなる悪役・ベインの激しい戦いが繰り広げられるアクション大作。

2012/08/01

NTTドコモ Xperia GXとSX発売!

NTTドコモより、Xperia GXとSXをそれぞれ8月9日、10日に発売することとなりました。

ドコモのスマートフォン2012年夏モデルのラインナップとして発表されたのが、2012年5月。当初、GXは7月発売、SXは8月発売とされていました。私の好きなソニー製と言うことで発売を今か今かと待っていました。

現在、私が使っているドコモの携帯はSO902i。購入したのが2006年3月ですから、随分長いこと使っています。特に問題もないので、使い続けていました。買い替える理由があまりありませんでしたし、これっという機種もありませんでした。私の基準としては、小さくて軽いのが第1ですから、現在のスマートフォンは巨大化していく一方なので、私の条件に見合うモデルがあまりなかったのです。

現行モデルのソニー製スマートフォンXPERIA ray SO-03Cは、唯一小さくて軽いモデルだったのですが、いかんせん女性向けとして開発されたらしく、本体色がピンク、ホワイト、ゴールドの3色しかなく、触手が伸びませんでした。

で、2012年夏モデルの発表です。「Xperia GX SO-04D」と「Xperia SX SO-05D」がラインナップされました。GXは大型モデルですが、SXは小型でrayの後継機種といった感じ。デザインはソニーらしく格好良いですし、Xi対応スマートフォンとしては世界最小/最軽量という触れ込みですから、大きさも問題ありません。カラーバリエーションも前回からの反省を活かしたのか、ブラック、ホワイト、ピンク、オレンジの4色になりました。ブラックがあるなら大丈夫。これなら買えます。

ということで、さっそく家電量販店で予約しました。発表から2日後のことでした。

で、Xperia GX SO-04Dの発売は7月と告知されていましたが、発売が遅れていましたし、Xperia SX SO-05Dにしても、8月でしたから、まあ下旬くらいだろうと思っていました。そんな先日、NTTドコモから発売日に関する発表がありました。

「Xperia GX SO-04D」は8月2日より予約受付開始で、発売は8月9日予定。また「Xperia SX SO-05D」は8月3日より予約受付開始で、8月10日の発売予定となりました。 予約は全国のドコモショップで受け付け開始です。

待ちに待ったスマホです。ソニー大好きな私にとっては、携帯電話もスマホもやはりソニー製に限ります。どんなことができるのか、楽しみです。これから勉強しなくてはいけません。楽しくなりそうです。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ