« リーガエスパニョーラ12-13シーズン始まる! | トップページ | 「安全地帯」 移籍、再始動 »

2012/08/22

「THE GREY 凍える太陽」鑑賞

先日、「THE GREY 凍える太陽」を観てきました。ジョー・カーナハン監督作品(「特攻野郎AチームTHE MOVIE」)。出演:リーアム・ニーソン (「96時間」「アンノウン」)、フランク・グリロ 、ダーモット・マローニー、ダラス・ロバーツ、ジョー・アンダーソン、ノンソー・アノジー 、ジェームズ・バッジ・デール他。

オットウェイ(リ―アム・ニーソン)は、石油採掘現場で、野獣の攻撃から作業員たちを守るために雇われた射撃の名手であった。ある晩、休暇で家族の元へ帰る作業員たちと共に飛行機に乗り込むが、凄まじい嵐に遭遇し、アラスカの山中に墜落してしまう。放り出されたのは、激しい吹雪が荒れ狂い、全てが深い雪に覆われた想像を絶する極寒の地。生存者たちと共に、残された少ない道具で火を起こし、わずかな暖を取っていた男たちは、やがて自分たちをじっと見つめ、暗闇に光るいくつもの眼に気付く。そこは野生のオオカミたちの縄張りだったのだ・・・。

予告編は一度見たような気はしますが、全くどういう話しなのか分からずに鑑賞しました。冒頭の語りはもの悲しく、人生の悲哀に満ち、最果てのアラスカの地で、晩年を過ごす老スナイパーが語り続けます。一度は自殺さえも考えたオットウェイでしたが、墜落事故で生き残った彼は、懸命に生きようと、仲間は守ろうとしました。

いつも彼の頭をよぎるのは、最愛の妻。「恐れないで」とは生前の彼女の言葉だったのでしょうが、再三、彼を励まし続けます。「生きろ」と。そして、もう一つ。父の作った詩。幼少期に聞いたの4行ばかりの詩。「最強の敵を倒した時に・・・」というその詩は、彼の生きる根源だったのかもしれません。その言葉をかみしめ、どんな窮地に立たされようと、全力を尽くしてきたのです。

しかし、自然の猛威は彼と仲間たちを襲います。墜落から生き残ったのは、7人。一人また一人と、凍死、オオカミの餌食となっていきます。太陽が顔を出さない灰色の原野で、寒さに震えながら、なんとか生き延びようと試みます。縄張りを避けるために森へ逃げ込む一行。しかし、オオカミの追撃は後を絶ちません。そこはいったい・・・。

タイトルの「グレイ」は、仲間たちを襲う冬のアラスカの王とも言えるオオカミの色でもあるでしょうし、ほとんど太陽が顔を出さない冬のアラスカの天気でもあるでしょう。そして、主人公オットウェイの心象風景でもあるようでした。愛する妻を失い人生に絶望している彼が、苛酷な環境の中で再び生きる力を取り戻していく過程を描いた人間ドラマになっています。

飛行機の墜落によって極寒のアラスカに放り出された7人の男たちが、狼の襲撃とも戦いながら、生き残りを懸けて戦う様を描くサバイバル・アクション。残酷な描写も多々ありますので、鑑賞には注意が必要です。

« リーガエスパニョーラ12-13シーズン始まる! | トップページ | 「安全地帯」 移籍、再始動 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/55480962

この記事へのトラックバック一覧です: 「THE GREY 凍える太陽」鑑賞:

« リーガエスパニョーラ12-13シーズン始まる! | トップページ | 「安全地帯」 移籍、再始動 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ