« 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」私的映画考Vol.267 | トップページ | 「コロンビアーナ」鑑賞 »

2012/09/05

PSP「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」その3

2011年8月。それまでプレイしていたニンテンドー3DSをちょっとお休みして、再びPSPに戻りました。それは、「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」が発売されたからです。

この、「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」は、戦略シミュレーションゲームである「ギレンの野望」シリーズの最新作。PSPでは「ジオンの系譜(移植版)」、「アクシズの脅威」、「アクシズの脅威V」に続いての4作目となります。私もこれまで、「ジオンの系譜」「アクシズの脅威」とプレイしてきて、ハマリにハマッてきましたので、最新作では新しいシステムが導入されたと言うことで、プレイを始めました。

発売から1年を過ぎ、順調にクリアを重ねています。半年かかって、なんとか、全シナリオをノーマルモードでクリアし、その後は各レベルをクリアしています。1年経った現在は、レビルの連邦軍とギレンのジオン軍の総帥シナリオの、VERY HARDを残して全てクリアしました。

それと合わせて、現在はメカニックデータベースのコンプリートを目指しています。メカニックデータベースはクリア後に、そのゲームで使用したモビルスーツ等が表示されるようになります。で、データベースのコンプリートを目指すようになってからは、クリア後は都度確認するようになりました。

ほとんどの設計プランは開発しているつもりでしたが、中にはもれているモノがあり、いくつか意図的にプレイして、開発をしてきました。残りは後1つ。おそらく「ガーベラ・テトラ」だと思われます。「機動戦士ガンダム0083ジオンの残光」に登場した機体で、シーマ・ガラハウが搭乗します。ネットで調べてみたところ「ギレン側で敵性LV18くらいで提案される」らしいと言うことでした。

現在、ギレン編をプレイ中で、適性レベルは17まできました。まもなくです。ネットの情報の真偽はいかに、ちょっぴりドキドキです。

メカニックデータベースのコンプリートができたら、この先はどうしようかと思案中です。残されたVERY HARDをクリアすると、歴史介入ポイントが最大値になる訳ですが、だからといって、何か変わるわけではないんですね。一度に使用できるモビルスーツ等が増えるだけ。

だったら、ダウンロードコンテンツを試してみるのも良いのかもしれないと。2011年9月1日配信開始とは言え、いつまでもダウンロードできるとは限りませんから、とりあえず、ダウンロードして、プレイしてみるのも良いかもしれません。

ガルマ編、キシリア編、ランバ・ラル編、ハサウェイ・ノア編等全8シナリオ。1年も同じゲームを続けていると新しい発見というのは少なくなってきますから、ここらで目先を変えてみるのも良いのではと。

各シナリオは200円~600円ですが、コンプリートパックは3000円で、単品で買うよりも400円お得と言うことです。新しいシナリオをプレイすれば、新しい発見があるかもしれません。

と言うことで、まだまだ、ゲームは続けられそうです。楽しみは続きます。

« 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」私的映画考Vol.267 | トップページ | 「コロンビアーナ」鑑賞 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSP「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」その3:

« 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」私的映画考Vol.267 | トップページ | 「コロンビアーナ」鑑賞 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ