« 2012.09映画鑑賞総括 | トップページ | 「少年は残酷な弓を射る」鑑賞 »

2012/10/01

「ボーン・レガシー」鑑賞

先日、「ボーン・レガシー」を観てきました。トニー・ギルロイ監督作品(「フィクサー」)。出演:ジェレミー・レナー(「ハート・ロッカー」「アベンジャーズ」)、エドワード・ノートン(「ストーン」「インクレディブル・ハルク」)、レイチェル・ワイズ(「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「ナイロビの蜂」)、ジョアン・アレン、アルバート・フィニー、デヴィッド・ストラザーン、スコット・グレン他。

CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、人体改造の「アウトカム計画」により、強靭な肉体を持つアーロン(ジェレミー・レナー)が訓練を積んでいた。このボーンによる事件の余波でその「アウトカム計画」も明るみになる事を恐れた上層部は、関係者の抹殺を指示。かろうじて生き延びたアーロンは、研究者のマルタ(レイチェル・ワイズ)を訪ねるが、彼女もまた命を狙われていた。

マット・デイモン主演の「ジェイソン・ボーン」3部作のサイドストーリーとなる本作。「ボーン・アルティメイタム」と同時進行するような形で進み、同作の出演者もチラチラと登場します。3部作を観ていなくても十分楽しめる内容にはなっていますが、予習・復習からして観るとより楽しめると思われます。

アクションシーン満載になるわけですが、リアルな描写が良かったです。「ボーン」シリーズではアクションラインをカメラが越えることが多々あり、分かり辛いシーンがありましたが、本作では監督が替わっていますから、そんなことはなく、じっくり見られました。前半は、台詞が少な目ですが、状況だけで説明が十分に分かるような段取りを見せてくれています。

終盤の追走劇は大迫力。マニラの階段状の街並みを走り抜け、続いてバイクによるチェイスは大迫力。少々無理のあるような動きも、納得のいくようなシーンになっています。そして、「強大な組織VS強靭な個人」というスタイルは「ボーン」シリーズと共通していますから、その辺りも問題なく楽しめます。

ラストは、余韻のある素敵な終わり方。アクションはハードでしたが、最後はソフトで暖かみのある引きになっています。まさか、続編があるのか?ないのか?続きがあるなら、楽しみな作品になりそうです。

« 2012.09映画鑑賞総括 | トップページ | 「少年は残酷な弓を射る」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/55710937

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボーン・レガシー」鑑賞:

« 2012.09映画鑑賞総括 | トップページ | 「少年は残酷な弓を射る」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ