« リーガエスパニョーラ12-13シーズン第7節 | トップページ | 「アイアン・スカイ」鑑賞 »

2012/10/18

「キック・オーバー」鑑賞

先日、「キック・オーバー」を観てきました。エイドリアン・グランバーグ監督作品。出演:メル・ギブソン (「サイン」「ペイバック」)、ダニエル・ヒメネス・カチョ、ケビン・ヘルナンデス 、ドロレス・ヘレディア、ピーター・ストーメア他。

マフィアから大金を強奪した“ドライバー”(メル・ギブソン)は、国境を越えてアメリカからメキシコへ逃亡を図ったものの、メキシコの警察に逮捕され、史上最悪の刑務所“エル・プエブリート”に送還される。そこは、金さえあれば酒も女も手に入るが、一歩間違えば命を落としかねない常識もモラルも通用しない世界。ここでドライバーは、凶悪な囚人、マフィア、悪徳所長、地元警察など、敵に回すしながら、過ごす。少年(ケビン・ヘルナンデス)と母親(ドロレス・ヘレディア)と知り合いになるが、その少年の“特別待遇”にはボスとの謎の関係があった。

久しぶりメル・ギブソンが帰ってきたという感じで、ちょっとダーティーなヒーローを演じています。ヒーロー的には描かれていますが結局はかなりの悪人なのでしょう。本名は最後まで明かされず、偽名がいくつも登場し、スナイパーであったことはうかがい知れましたが、FBI?CIA?軍?スパイ?と素性は全く不明。

何でもありの刑務所内。一つの世界が形成されていて、ごった煮のスラム街のよう。それなりのルールを守れば、何をしても自由。金があれば何でも買えると言うのも凄い。ボスが仕切っているのですが、逆らっては生きていけないのもまた事実。しかし、そんな状況を冷静に見極めるドライバーは、上手く立ち回っていきます。情報を集め、誰が仕切っているのかを確認していく。そんな時少年と出会い、事態は大きく進展していきます。この辺りのやりとりが面白かったです。

クライマックスは、刑務所を出てある任務を遂行するドライバー。そんな時、刑務所が閉鎖されることとなり、軍が押し寄せてきます。そして、少年は手術台へ。ドライバーは、少年を助けるべく、刑務所に舞い戻りますが・・・。果たしてドライバーは、大金を取り戻して無事に脱獄することができるのか・・・。

マフィアから大金を強奪して逃走中に警察に捕まり、無法者たちが幅を利かせる刑務所に送り込まれた男が、大金を取り戻して脱獄を図ろうとする姿を描くクライム・アクション。

« リーガエスパニョーラ12-13シーズン第7節 | トップページ | 「アイアン・スカイ」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/55916003

この記事へのトラックバック一覧です: 「キック・オーバー」鑑賞:

« リーガエスパニョーラ12-13シーズン第7節 | トップページ | 「アイアン・スカイ」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ