« 「パラノーマル・アクティビティ4」鑑賞 | トップページ | 「シャドー・チェイサー」鑑賞 »

2012/11/05

「トガニ 幼き瞳の告発」私的映画考Vol.270

先日、「トガニ 幼き瞳の告発」を観てきました。ファン・ドンヒョク監督作品。出演:コン・ユ (「あなたの初恋探します」) 、チョン・ユミ (「きみはペット」)、キム・ヒョンス、チョン・インソ 、ペク・スンファン他。

恩師からの紹介で、霧の街として有名な郊外の街ムジンにある聴覚障害者学校・慈愛学園で、美術教師の職を得たカン・イノ(コン・ユ)。ある日、イノは職員室で同僚のパク教師が男子生徒・ミンス(ペク・スンファン)を袋叩きにしている現場に出くわす。つづき、女寮長のユン・ジャエが、女生徒・ヨンドゥ(キム・ヒョンス)を、回る洗濯槽の水の中に顔ごと押し込んでいたのを目撃する。複数の生徒が、校長をはじめとする数人の教師たちから日常的に性的虐待を受けていると言う事実を知ったカンは、人権センターの幹事、ソ・ユジン(チョン・ユミ)の協力の下、告発することにするのだが・・・。

2000年から6年にも渡り、校長や教員が複数の生徒に性的虐待をしていたという、韓国で実際に起きた事件を題材にした作品。これが本当にあったことなのですから、こんなに悲しい事はありません。地元の名士でありながら、保護すべき障害者たちを自分の言いなりにし、反抗すれば暴力を振るう。金に任せて、警察までも買収し、事実を隠蔽し続けていました。

衝撃的な冒頭の列車事故に始まり、カン先生が赴任するところから始まります。そこに人権センターの幹事であるユジンとの出会いも描きます。で、学校へ行くと、そこは何か得体の知れない異常さのある雰囲気があり、戸惑いはしますが、やっと得た職でしたから、仕事とに励むつもりでした。が、そこには、目を背けるわけには行かない事実があったのでした。幼い娘と離ればなれで暮らすカン。ここで、生徒たちを見放せば、父親として、娘と接することはできないと、戦うことを決意します。

虐待のシーンは、実にリアルで、本当に暴行を加えているかのよう(実際に当たっていると思われます)。幼い少女たちへの暴行も日常茶飯事で、それはもう悪魔のような所業です。その中心となる校長とその弟であり行政室長のふたりは、瓜二つの双子。これが異常にむかつきます。

市役所も教育庁も管轄が違うとたらい回しにされ、警察では門前払い。メディアを利用し、ついに事実を暴露し、校長らは逮捕されます。そして、裁判が始まりますが、ここも歯がゆい。聴覚障害者たちが怒るのも無理はありません。そして、被害者である生徒たちは、思い出したくもない過去をさらにえぐられることでもあり、切なさは募ります。

そして、長い裁判が終わり、判決が言い渡されますが、執行猶予付きの禁固刑数ヶ月だけでした。被害者の一人ミンスは、法の裁きも無かったため、自らが復讐しようと飛び出していくのでした。そして・・・。

最後は最悪の事態を迎え、切なさも最大限に至ります。その後も戦いは続いたと言うことで、本作は幕を閉じますが、こんな事が実際に行われているかと思うと、やりきれない想いです。

韓国のある聴覚障害者学校で隠蔽され続けてきた、生徒たちへの暴行や性的虐待の実態を告発する美術教師の姿を描く人間ドラマ。

« 「パラノーマル・アクティビティ4」鑑賞 | トップページ | 「シャドー・チェイサー」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

私的映画考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/56024428

この記事へのトラックバック一覧です: 「トガニ 幼き瞳の告発」私的映画考Vol.270:

« 「パラノーマル・アクティビティ4」鑑賞 | トップページ | 「シャドー・チェイサー」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ