« Xperia SXでスマホデビュー!その13 | トップページ | それゆけ!アクアくん Vol.27 »

2012/12/21

私的読書考2012

早いモノで今年2012年も、残すところ10日ほどになりました。と言うことで、今年を振り返るシリーズ。今日は読書です。

今年2012年に読んだ本は20冊でした。すべてが文庫本。月に2冊弱平均です。2002年に54冊読んだ以降は年々減ってきていて、2003年以降は30冊前後が続いていて、さらにここ数年は減ってきていて、ついに20冊になってしまいました。

20冊の作者別内訳で多いのは、村上春樹氏6冊、東野圭吾氏5冊、北村薫氏3冊となっています。例年多かった、伊坂幸太郎氏、坂木司氏、機本伸司氏はそれぞれ1冊となっています。

今年は村上春樹氏を多く読んだのは、「1Q84」が文庫化されたからです。本作は2010年に発表された大ベストセラー。BOOK1~3で構成されていて、それぞれが前編後編として分冊され、全6巻で今年発売されました。現実とは微妙に異なった世界「1Q84年」に紛れ込んでしまった男女が、「空気さなぎ」と言う小説を書くことによって、宗教団体「さきがけ」を巡る問題に関わっていきます。

で、BOOK1は4~6月、2は7~9月、3は10~12月となっていて、偶然ではありますが、ちょうどその季節に合わせて読んでいました。季節ごとの温度というのは、記憶するのは難しく、肌で感じられません。なので、季節を巡りながら物語も展開していきました。物語はあいかわらずの奇想天外でしたが、不思議な感覚にとらわれながら、いったい二人はいつ巡り会うのだろうと想いながら、読み続けました。

東野圭吾氏の作品は、今年も映像化されることが多かったので、観る前に読むとしているので、多くなりました。「使命と魂のリミット」に始まり、「東野圭吾ミステリーズ」としてドラマ化された「犯人のいない殺人の夜」「怪しい人びと」「あの頃の誰か」を読みました。さらにこれはまだ映像化されていませんが探偵ガリレオシリーズの「聖女の救済」の5冊でした。

続いて多かったのは久しぶりに読んだ北村薫氏。これもシリーズ3部作になりますが、「街の灯」「玻璃の天」「鷺と雪」のベッキーさんシリーズです。昭和初期を舞台に、上流家庭のお嬢様・英子とその運転手・ベッキーさんを主人公に、殺人から素人が考えた暗号の解読など、様々な事件を扱う物語。完結編の「鷺と雪」で直木賞を受賞しました。

中には殺人事件もありますが、ほとんどが生活の中にあるちょっとした出来事の真相を突き止めると言う物語。その時代では珍しかった女性の運転手ベッキーさんこと、別宮みつ子がシャーロックホームズバリの名推理で、ワトソンくん的な英子を真実へと導くという展開が面白いです。そして、戦争へと向かう昭和初期のどこか陰鬱とした時代をとらえていて、その時代故の物語に心を揺さぶられます。

もっと読んでいたのではと思っていた伊坂幸太郎氏の作品は、「あるキング」の1冊だけ。プロ野球への道を歩みキングとなることを運命づけられた少年を巡る物語。野球を知らなくてもその巧みな伏線に感嘆することでしょう。

坂木司氏も一冊「先生と僕」のみ。家庭教師の大学生と中学生の少年の物語。生活の中にある事件を解決していくのはあいかわらずですが、タイトルの通りではなくコンビは逆転しています。少年が“先生”で、狂言回しとなる家庭教師が“僕”なのです。ちょっと不思議な関係が面白い作品。

その他、初野晴氏のハルチカシリーズ第3弾「空想オルガン」も感動的な話しもあり良かったですし、始めて読んだ桜庭一樹氏の「ブルースカイ」も面白かった。様々な作家のSFアンソロジーとなる「ゼロ年代SF傑作選」も、アイディアが多様で楽しめました。

電子書籍端末SONY「Reader」ではほとんど読んでいなくて、今はスマホの「Readerアプリ」で読んでいます。まもなく1冊終わろうとしていますが、帰宅時に車の中で読むだけなのでなかなか進みません。年内に終わるかどうかというところなので、ここではカウントしませんでした。

読書は自分では考えつかないこと、体験できないようなことを見せてくれ、そして、テーマについて考えさせてくれます。映像作品もそれはそれで良いのですが、読書は、より想像力をかき立ててくれます。来年もそれほど多くは読めないでしょうが、無理のない程度にいろんな本を読んでいきたいと思っています。

« Xperia SXでスマホデビュー!その13 | トップページ | それゆけ!アクアくん Vol.27 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私的読書考2012:

« Xperia SXでスマホデビュー!その13 | トップページ | それゆけ!アクアくん Vol.27 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ