« 今日は仕事納め | トップページ | 謹賀新年!2013 »

2012/12/31

2012.12映画鑑賞総括

12月の劇場での映画鑑賞は6本。今年の累計117本。今月は、少な目の本数で推移しました。そして、目標でもある劇場鑑賞100本も達成することができました。

1203   007/スカイフォール
1207   ドリームハウス
1207   ウーマン・イン・ブラック亡霊の館
1210   ザ・レイド
1225   レ・ミゼラブル
1230   ホビット思いがけない冒険

今月は、アクション、ホラー、ファンタジー、ドラマとバラエティに富んだ作品がありました。

今月良かったのは、「レ・ミゼラブル」。ミュージカルでも有名な題材を映画化し、なおかつ撮影現場で生歌を収録すると言うライブ・レコーディングで撮影された作品。アカデミー賞受賞監督となると、さすがに予算も潤沢なのでしょう。スケールが実に大きかったです。

「007/スカイフォール」もシリーズ生誕50周年にふさわしい作品でした。こちらも大迫力。クライマックスのスカイフォールでの闘いは必見です。そして、新たなる展開を見せるために、重要人物が亡くなるというのが大きなポイントでしょう。

「ザ・レイド」も興味深い作品でした。アクション作品でも、数年おきに新機軸となるような作品が現れます。この作品もその一つとなるでしょう。アクションアクションで押していく作品ではありましたが、その闘いぶりには目を見張るモノがありました。ハリウッドでのリメイクも決まっていますから、ここにドラマ性が加味されると、より面白い作品になることでしょう。

来月1月は、「96時間リベンジ」「LOOPERルーパー」「テッド」「ライフ・オブ・パイ」と続きます。

今年も、沢山の良い作品を観ることができました。あいかわらずリメイクや続編作品が多いですし、邦画の本数も多くなっているのが今年も顕著でした。3D作品も多くなってきていますが、私の鑑賞本数としてはあまり多くはありませんでした。私の場合、基本は2D字幕版を観る、都合がつかない場合は3D字幕版を観る、3D2Dの吹き替え版しか公開の無い場合は観ない、としています。

3D版を観ると思うのですが、3Dにする必要があるのかな?良い作品は、2Dでも感動出来るし、迫力を感じることもできるのにと。今後、減少するかもしれませんが、まだまだ予定はされていますから、このスタンスは変えずに行こうと思います。

何度も観たいと思えるような、良い作品に巡り会えるのは幸せなことです。来年もさらに良い作品に巡り会えることを願って、今年を締めくくりたいと思います。また、いつも私のブログ「夢のつづき」をご覧いただいている皆様、一年間お付き合いただきありがとうございました。来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください。

« 今日は仕事納め | トップページ | 謹賀新年!2013 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/56411744

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.12映画鑑賞総括:

« 今日は仕事納め | トップページ | 謹賀新年!2013 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ