« 2012.11映画鑑賞総括 | トップページ | 「007 スカイフォール」鑑賞 »

2012/12/03

「人生の特等席」私的映画考Vol.272

先日、「人生の特等席」を観てきました。ロバート・ロレンツ監督作品。出演:クリント・イーストウッド (「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」)、エイミー・アダムス (「魔法にかけられて」「ナイトミュージアム2」)、ジャスティン・ティンバーレイク (「ステイ・フレンズ」「TIME」)、ジョン・グッドマン、マシュー・リラード、ロバート・パトリック、ジョー・マッシンギル他。

家庭を顧みず、メジャーリーグ・スカウトマンとして生きてきたガス(クリント・イーストウッド)は長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきた。しかし、年のせいで視力が衰えてきていた。スカウトとしては致命的だ。父との間にわだかまりを感じ続けてきた娘のミッキー(エイミー・アダムス)は、弁護士として大事な時期だったが、スカウトの旅に同行することにするのだが・・・。

本作では、「グラン・トリノ」以来、事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに主演を務めています。また、監督をせずに演技に専念。弟子とも言えるロバート・ロレンツが監督しています。

冒頭、放尿するシーンがあるのですが、ここが良い。元気のない自分自身に呼びかけるのです。「がんばれ」と。実際しているわけではないのでしょうから、効果音が付けられているのでしょうが、なかなか哀愁のある音になっています。役柄は何歳か分かりませんが、実年齢は80歳を超えていますから、人生の悲哀を演じるのには事欠きません。しわがれた声もますます渋みを出し、顔中のしわも演出だと言わんばかり。この辺りが実に良い。

対する娘のミッキーは、頑固者の父親とは疎遠で、今は弁護士事務所のパートナーになれるかどうかの瀬戸際。30歳を過ぎています。父親の病状を知り、忙しいながらも、スカウトの旅に同行することになります。普段は、ほとんど話しをすることもない二人。話しをすればケンカになる。幼い頃に母親を亡くし、父に捨てられたと思い続けていた過去があったのでした。

そして、若きスカウトマン・ジョニー(ジャスティン・ティンバーレイク)。以前はガスに見いだされたピッチャーでしたが、肩を壊し、レッドソックスのスカウトマンとして活動しています。ガスには恩があり、ミッキーには一目惚れ。ガスとはチームこそ違いますが、同じスカウトマンとして旅に同行しながら、親子と心を通わせていきます。

時に反発しあいながらも旅は続き、終わりにさしかかろうとした時、大きく物語は動きます。妻を亡くし、男手ひとつで育てようとして育てられなかった父娘の、旅の最後にそれぞれが見つけた人生の特等席とはいったい・・・。感動の先には、スカッとさわやかな幕引きが待っています。野球中心の話しではありますが、ルールなんて分からなくても、それ以上のドラマがありますから、問題なく鑑賞できるはずです。

疎遠だった父娘が仕事を通して絆を取り戻していく様子にを描く、感動ドラマ。

« 2012.11映画鑑賞総括 | トップページ | 「007 スカイフォール」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

私的映画考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/56242359

この記事へのトラックバック一覧です: 「人生の特等席」私的映画考Vol.272:

« 2012.11映画鑑賞総括 | トップページ | 「007 スカイフォール」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ