« 2013春VAIO 発表! | トップページ | 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」私的映画考Vol.275 »

2013/01/31

2013.01映画鑑賞総括

1月の劇場での映画鑑賞は6本。今年の累計6本。今月は、少な目の本数で推移しました。

0104   トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart2
0115   96時間/リベンジ
0117   アルゴ
0125   LOOPER/ルーパー
0128   砂漠でサーモン・フィッシング
0130   ライフ・オブ・パイ

今月は、アクション、SF、ドラマ、コメディとバラエティに富んだ作品がありました。

今月良かったのは、「アルゴ」。1980年に実際にあった、イランのアメリカ大使館員脱出計画を描いた作品。カナダ人の映画スタッフになりすまして国外へ脱出するという何とも奇想天外な作戦を立案し、それを実行させたという、何とも映画的なお話しです。ドラマティックな物語を盛り上げる演出も良かったですが、そのそこに流れる想いが、ひしひしと伝わってくるのも良かったです。

「砂漠でサーモン・フィッシング」も良かったです。こちらも奇想天外な物語で、砂漠の広がるイエメンで鮭を放流し、釣りをしたいという大富豪の要望に応え、生真面目な学者が挑戦します。この物語には、人種や宗教、国を超えた友情、信頼関係、そして愛情があり、そこが観る者を熱くしてくれる作品でした。不可能と思えることでも信心があれば、達成することができると言うテーマが良かったです。

「ライフ・オブ・パイ」も良かった。海難事故に遭い、トラと少年が漂流する物語。本年度アカデミー賞にも多くの部門でノミネートされていますが、映像・音響効果は凄かったので、その辺りでの受賞はあるでしょう。人生は失っていくモノではありますが、そこから得るものもあるはずだし、トラと人間にも友情は得られるのかもしれないと言う希望も見えました。そして、信仰心の話でもありました。

他にも「トワイライト・サーガ」の完結編はハッピーエンドでよかったですし、「96時間/リベンジ」もスパイアクション的で面白かった。ただ、「96時間」と言うタイムリミットは全く関係ないというおかしなタイトルになってしまいました。これは前作の原題は「TAKEN」なのですが、邦題を「96時間」にしてしまったため、続編である本作も「96時間」を付けないといけなくなってしまったからでしょう。

「ルーパー」はタイムパラドックスの設定が納得いかない作品。それはおかしいでしょ、時間軸はどうなってるの?ぐるっと回って繋がらないでしょ、とか突っ込みどころは満載ですが、その点は目をつむって、楽しめる作品です。

来月2月は、今月公開してまだ見ていない作品を見た後は、「アウトロー」「ゴーストライダー2」「ダイハード/ラストデイ」「ゼロ・ダーク・サーティ」と期待作が目白押し。他にも遅れて公開される作品が沢山ありますので、スケジュールを組むのが大変です。

1,2月は毎年、天候によって、鑑賞スケジュールに支障を来すことが多い季節ですが、今年はあまり雪も降りませんので、助かっています。明日から2月ですが雪の日はあるでしょうから、夜間は特に運転に気をつけて鑑賞したいと思います。

« 2013春VAIO 発表! | トップページ | 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」私的映画考Vol.275 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/56660384

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.01映画鑑賞総括:

« 2013春VAIO 発表! | トップページ | 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」私的映画考Vol.275 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ