« 今日は仕事始め | トップページ | 「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2」鑑賞 »

2013/01/08

「ホビット 思いがけない冒険」鑑賞

先日、「ホビット 思いがけない冒険(3D字幕版)」を観てきました。ピーター・ジャクソン監督作品。出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、ケイト・ブランシェット、イアン・ホルム、クリストファー・リー、ヒューゴ・ウィーヴィング、イライジャ・ウッド、アンディ・サーキス他。

ホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)から、スマウグという恐ろしいドラゴンに奪われたエレボールのドワーフ王国を取り戻すための壮大な冒険に誘われ、伝説的な戦士トーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)率いる13人のドワーフたちとともに旅に出た彼の行く手には、ゴブリンやオーク、凶暴なワーグや魔術師たちが跋扈する危険な荒野が待ち構えていた。そして、ビルボは、ゴラムと出会い、運命をも変えるあの“指輪”を手に入れるのだった。

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのスタッフとキャストが再び結集し、前日談を描く「ホビットの冒険」三部作の第1弾。「ロード・オブ・ザ・リング」の60年前の中つ国を舞台に若き日のビルボ・バギンズの冒険を描く本作。

フロド(イライジャ・ウッド)やエルフ族のエルロンド(ヒューゴ・ウィーヴィング)、ガラドリエル(ケイト・ブランシェット)らが登場し、前シリーズを観ていた人には、少々懐かしい再会ができます。ドワーフの過去にあった出来事から端を発し、物語は大きく展開していきます。

ビルボはホビットでありながら、冒険を好んだ変わり者。しかし、身体はドワーフよりも小さく、危険に遭遇するたびにおびえてばかりいました。が、旅を通して大きく成長し、仲間からも信頼を得ていきます。そして、ビルボは自分の人生を永遠に変えることになる指輪との出会いを果たします。指輪が指にはまった瞬間、シュボッという効果音と共に姿が消えるあの演出。思わず懐かしいと思ってしまいました。

今回は時間の都合もあり、3D字幕版を鑑賞しました。奥行き感があり、面白い映像が多々ありましたが、3D作品特有の、意図的な画面に迫るような映像はありませんでした。ホビットの村やエルフ族の谷を始め美しい風景画再現されており、遠景だけ観ていても見応えがありました。

トロルやゴブリン等々のクリーチャーも続々と登場し、愛嬌のある姿を見せてくれます。ゴブリンの砦からの脱出劇は、凄いことになっています。

あの何とも言えない暖かみのある色彩感覚は健在で、中つ国に帰ってこられたという感じもあり、とても懐かしく思えました。

今後、年1作のペースで三部作が描かれると言うことですが、本作でも3時間近い上映時間がありますので、今後もそれくらいになるのでしょう。しかし、長さを忘れるほど中身が濃く(序盤は少々だれる感じはありましたが)、時間的には長いなあとは思いませんでした。

中つ国を舞台に、ホビットのビルボ・バギンズがガンダルフやドワーフたちと冒険を繰り広げる新たな3部作の第1弾。今後の展開が楽しみな作品。

« 今日は仕事始め | トップページ | 「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/56411778

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホビット 思いがけない冒険」鑑賞:

« 今日は仕事始め | トップページ | 「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ