« 「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」鑑賞 | トップページ | 「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い」鑑賞 »

2013/02/28

2013.02映画鑑賞総括

2月の劇場での映画鑑賞は14本。今年の累計20本。今月は、多めの本数で推移しました。

0201   テッド
0201   ユニバーサル・ソルジャー:殺戮の黙示録
0204   アウトロー
0206   フリーランサー NY捜査線
0209   ハード・ソルジャー:炎の奪還
0212   ゴーストライダー2
0214   もうひとりのシェイクスピア
0215   チキンとプラム
0218   レッドライト
0220   人生、ブラボー!
0222   ゼロ・ダーク・サーティ
0222   シェフ!
0225   ファイヤ・ウィズ・ファイヤー
0227   ヒンデンブルグ第三帝国の陰謀

今月は、アクション、サスペンス、ドラマ、コメディとバラエティに富んだ作品がありました。

今月良かったのは、「人生、ブラボー!」。過去の精子提供のために、500人を超える子どもの生物学上の親になってしまった主人公の姿を描いたヒューマンコメディ。何をやってもうまくいかない主人公でしたが、子どもたちをたずね歩いて行くうちに、次第に変わっていく様子が良かったです。親子って何だろう、家族って何だろうと考えさせられる作品でした。伏線が効いていて、良い脚本でしたし、感動的な場面がいくつかあり、良かったです。

「レッドライト」も良かったです。超常現象を巡る魔術と科学の戦いを描いたサスペンス。超常現象を科学的に分析すると、どうなるのか?それはトリックなのか、本当の超能力なのか?こういうドキドキさせてくれる作品は、何とも言えず良いです。大どんでん返しにより、物語は思わぬ結末を迎えます。なかなかの良作でした。

その他、「アウトロー」はトム・クルーズの新キャラクターの誕生ですし、「ゼロ・ダーク・サーティ」もさすがの緊張感を見せる作品でした。しかし、「テッド」はなぜあれだけヒットしたのか?未だに分からない作品です。面白いと言えば、面白いのですが、どうもあの下ネタオンパレードが解せません。「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー」は最近よくあるブルース・ウィリスの脇役作品。出番は少ないのですが、美味しいところだけ持って行くんですよねえ。

来月3月は、今月公開してまだ見ていない作品を見た後は、「フライト」「オズはじまりの戦い」「クラウド・アトラス」「ジャックと天空の巨人」と期待作が目白押し。また、アカデミー賞関連の作品も増えてきますので、楽しみです。

« 「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」鑑賞 | トップページ | 「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/56851484

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.02映画鑑賞総括:

« 「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」鑑賞 | トップページ | 「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ