« 「ジャンゴ 繋がれざる者」鑑賞 | トップページ | 「キャビン」鑑賞 »

2013/04/12

お昼休みもBD鑑賞 その3

iconicon

以前から、お昼休みもDVD鑑賞をしていましたが、これまで使っていたソニー ポータブルDVDプレーヤー DVP-FX720に寿命が来たようです。最近はポータブルBDプレーヤも安価になってきていますので、さっそく買い換えを検討することにしました。

いろいろと検討した結果、9型液晶のBDP-SX910に決定しました。ネットで発注して、2日後には到着し、開梱。さっそく使ってみました。

まずは録画済みのBD-REディスクを観てみます。読み込みが終わってから、タイトル一覧を開きます。見たいタイトルを選択して実行・再生します。この際、タイトル選択する時は、画面下の十字キーを使います。これがちょっと押しにくいです。タッチパネルではないのですが、ちょっと変わった間隔のボタンなので、慣れが必要なのかもしれません。

再生が始まると、さすがにブルーレイディスクですから美しいです。が、所詮はテレビ放送の番組録画を録画レベルを低めに設定しての映像ですから、そのレベルには違いありませんが、DVD-RW等でダビングした映像とは段違い。ハイビジョンは素晴らしいです。

DVD-RWでも同様に再生してみましたが、それでもかなり美しさを感じます。DVP-FX720は、480×220の7V型でしたが、本機は800 × 600の9V型液晶ですから当然です。他にも市販のDVDを鑑賞しましたが、こちらもかなりの美しさを感じました。今度、市販のBDディスクも見てみようと思います。

通常、内蔵スピーカを使って鑑賞しています。音声も4種類のサウンドモードから選択できます。ダイナミックサラウンド、ダイナミック、クリアボイス、スタンダード。通常はスタンダードで鑑賞していますが、サラウンド系を選択すると、広がり感のある音声が楽しめます。

ドルビーTrueHDやDTS-HD マスター・オーディオ等の音声フォーマットにも対応していますので、液晶テレビ+AVアンプに接続して鑑賞する時は、サラウンドを楽しむこともできます。

使ってみてちょっと気になるのが、メモリ機能・レジューム機能がないようなのです。DVD等を鑑賞し、途中で止め、次に電源を入れた時、同じ場所から再生する機能です。FX720では、DVD-RWではできませんでしたが、市販のDVDのみこの機能が使えました。

が、本機では、この機能がDVDでも使えませんでした。なので、毎回、ホーム画面が表示され、該当タイトルを探さないといけません。これは不便です。ほとんど取扱説明書を読んでいないので、実際にこの機能が、あるかないかは分かりませんので、もうしばらく使って様子を見たいと思います。もしかしたら、市販のBDなら使えるのかも?

映像は綺麗ですし、ブルーレイも見られるしで、良いことずくめです。これまで、録画した番組をお昼休みに見るためには、DVDにダビングして見ていました。しかし、ブルーレイレコーダーからDVDへのダビングは1倍速なので、時間が掛かって仕方がありませんでした。が、これからは、BD-REにダビングして、見ることが出来ますから、ありがたいです。家でもハイビジョンですが、今後はお昼休みもハイビジョンの時代に突入です。

« 「ジャンゴ 繋がれざる者」鑑賞 | トップページ | 「キャビン」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/57157462

この記事へのトラックバック一覧です: お昼休みもBD鑑賞 その3:

« 「ジャンゴ 繋がれざる者」鑑賞 | トップページ | 「キャビン」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ