« 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」鑑賞 | トップページ | 「ジャックと天空の巨人」鑑賞 »

2013/04/02

「オズ はじまりの戦い」鑑賞

先日、「オズ はじまりの戦い」を観てきました。サム・ライミ監督作品(「スパイダーマン」シリーズ)。出演:ジェームズ・フランコ(「127時間」)、ミラ・クニス(「テッド」)、レイチェル・ワイズ(「ボーン・レガシー」)、ミシェル・ウィリアムズ(「マリリン 7日間の恋」)、ザック・ブラフ、ビル・コッブス、ジョーイ・キング、トニー・コックス他。

奇術師のオズ(ジェームズ・フランコ)は、気球に乗り込んだところ、竜巻に遭遇し、カンザスから魔法の国オズへとたどり着く。そこは邪悪な魔女に支配されており、人々は予言書に記された魔法使いオズが国を救ってくれると信じていた。その魔法使いと同じ名前だったことから救世主だと思われたオズは、西の魔女セオドラ(ミラ・クニス)に引き合わされ、東の魔女エヴァノラ(レイチェル・ワイズ)から、南の魔女グリンダ(ミシェル・ウィリアムズ)の退治を頼まれるのだが・・・。

1939年公開の「オズの魔法使い」に繋がる前日談をオリジナルストーリーで描いています。魔法使いをはじめとした様々なキャラクターが登場し世界観は共通。オズの素性や、魔法使いとの関係性を描きながら、なぜ彼がオズの世界にいるのかを描きます。

現実世界はモノクロで4:3のスクリーン。オズの世界は総天然色のワイドスクリーンになるという辺りは、「オズの魔法使い」と共通する点。夢のある映像になっています。

原色使いのオズの世界は実に美しい。今回は2D字幕版を鑑賞しましたが、3D版では雄大な景色や、迫力の映像がさらに楽しめることでしょう。クライマックスの戦いも見応えがありますし、煙の中に浮かび上がるオズの顔の表現も懐かしさがあります。

本作を観て、また1939年版を観たくなりました。39年版では、ドロシーとその仲間たちの成長を描いていましたが、本作ではオズの成長を描いています。人をだますだけで、調子の良かったオズが、魔法使いになることで、生まれ変わったように成長を見せる物語になっていて、共通の部分が見えてきます。

魔法の国を救うため、魔女たちとの戦いに挑むひとりの男・魔法使いオズ、その誕生秘話を描くアクション・ファンタジー。

« 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」鑑賞 | トップページ | 「ジャックと天空の巨人」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/57088436

この記事へのトラックバック一覧です: 「オズ はじまりの戦い」鑑賞:

« 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」鑑賞 | トップページ | 「ジャックと天空の巨人」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ