« 「マニアック」鑑賞 | トップページ | FNS27時間テレビ2013「女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!」 »

2013/07/31

2013.07映画鑑賞総括

7月の劇場での映画鑑賞は13本。今年の累計79本。今月は多めの本数で推移しました。

0701   ハングオーバー!!!最強の反省会
0704   風立ちぬ(試写会)
0705   ファインド・アウト
0708   アンコール!!
0710   スプリング・ブレイカーズ
0712   モネ・ゲーム
0712   私のオオカミ少年
0715   ワイルド・スピードEURO  MISSION
0716   真夏の方程式
0721   サイレントヒル・リベレーション
0722   イノセント・ガーデン
0726   セレステ∞ジェシー
0729   マニアック

今月は、アクション、サスペンス、ドラマ、ホラー、アニメ、ラブストーリー、コメディとバラエティに富んだ作品がありました。

今月、良かったのは、「風立ちぬ」。スタジオジブリの宮崎駿監督最新作。ネット上のレビュー等を見ると、賛否両論別れているようですが、私としては、かなりの高評価の作品でした。確かに、ファンタジックな作品が多いジブリですが、それとはかけ離れた大人の恋愛の話でもある訳ですから、期待して裏切られたような感想を抱くのも分かりますが、アニメ作家としては、その時に描きたいテーマがあり、今だからこそ描きたかったのが本作だった訳ですから、それを尊重した上で鑑賞することが肝要かと思います。

鑑賞後、堀辰雄の「風立ちぬ」を読みました。本作は、零戦の開発者である堀越二郎と小説家の堀辰雄の二人を混ぜ合わせた主人公の物語になっている訳ですが、軽井沢らしき場所で静養する辺りから、サナトリウムでの生活が、小説「風立ちぬ」で描かれています。もちろん設定は、本作とは違うモノにはなっていますが、その時代というか二人の関係性を雰囲気として味わい、「風立ちぬ、いざ生きめやも」という有名な詩句の意味を深く理解するには良いのかもしれません。

「アンコール!!」も良かったです。老夫婦の物語で、コーラスが重要な要素として描かれています。偏屈な夫と、余命幾ばくもない妻。愛してはいるが、コーラス活動だけは相容れないという感じの夫が、亡き妻のために一念発起するというストーリー。クライマックスでの合唱は感動的でした。そこまでに至る経緯が良かったのです。やはり、こういう音楽モノには弱いです。

その他、「ファインド・アウト」はドキドキ感の止まらないサスペンスで面白かったですし、「私のオオカミ少年」は一風変わったラブストーリーという感じで良かったです。「イノセント・ガーデン」はサスペンスとしては一級品で、最後まで目が離せない展開が良かったです。「真夏の方程式」も良くまとまっていて、脚本が良いのだろうなと思わせてくれる作品でした。肝の部分を上手に活かし、テーマとは少し外れた枝葉の部分を上手にカットしていました。

来月8月は、今月公開してまだ見ていない作品を見た後は、「ローン・レンジャー」「パシフィックリム」「ワールドウォーZ」と大作が続きます。なによりJ.J.エイブラムス監督最新作「スタートレック イントゥー・ダークネス」に期待しています。夏休み期間なので、本数的には少な目になるとは思いますが、期待作が目白押しなので、楽しみです。

« 「マニアック」鑑賞 | トップページ | FNS27時間テレビ2013「女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/57898867

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.07映画鑑賞総括:

« 「マニアック」鑑賞 | トップページ | FNS27時間テレビ2013「女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!」 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ