« 「セレステ∞ジェシー」鑑賞 | トップページ | 2013.07映画鑑賞総括 »

2013/07/30

「マニアック」鑑賞

先日、「マニアック」を観てきました。フランク・カルフン監督作品。出演:イライジャ・ウッド、ノラ・アルネゼデール、ジェヌビエーブ・アレクサンドラ、ジャン・ブロバーグ、ミーガン・ダフィ、リアン・バラバン、ジョシュア・デ・ラ・ガルザ、アメリカ・オリーヴォ、サンミ・ロティビ他。 

両親のマネキン店を継いだマネキンの修復師フランク(イライジャ・ウッド)は、淫乱で残忍な母親のトラウマから、生身の女性を愛することができなくなっていた。ある日、女性カメラマン、アンナ(ノア・アルネゼデール)がフランクの前に現れ、個展に出品する作品のモチーフとしてマネキンを使いたいと頼む。フランクにとって自分の仕事の芸術性を理解する女性との出会いは初めてで、彼女の創作に協力しながら、次第に想いを募らせていく。アンナの個展のオープニング・パーティに出席したフランクは、次第に狂気に堕ちていき、夜の街へ出る。そして、想像を絶する惨劇が始まるのだった。

若い女性を狙い、被害者の頭皮を剥がすという猟奇殺人が夜な夜な発生していたロスが舞台。夜があれほど暗く、そして恐ろしい物になるのかと思いました。フランクは、夜の街を車で流し、標的を絞ると、ストーカーのようにつきまとい、最後には目的を達成。その殺し方は、残酷きわまりない。その後の行動も凄まじい狂気が巡ってくるようで、これまた凄いです。

で、この本編がほぼ全編にわたって、主人公フランクの見た目映像のみで撮影されています。本人が映るのは妄想の中と、鏡の中のみ。これがまた、すごみのある怖さを演出しています。あまりの恐ろしさに、口があんぐりと開くこと数回。ホラーのように、鳥肌が立つような怖さではありませんが、リアルな恐怖感がこみ上げてくる作品です。なので、鑑賞には注意が必要です。“怖い”というより“恐ろしい”と言う言葉が似合う作品でした。

女性の頭の皮をはいで収集する殺人鬼の恐怖を描くサスペンス・ホラー。

« 「セレステ∞ジェシー」鑑賞 | トップページ | 2013.07映画鑑賞総括 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/57892527

この記事へのトラックバック一覧です: 「マニアック」鑑賞:

« 「セレステ∞ジェシー」鑑賞 | トップページ | 2013.07映画鑑賞総括 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ