« そうだ、ピアノを弾こう!Vol.7 | トップページ | 「マン・オブ・スティール」鑑賞 »

2013/08/30

2013.08映画鑑賞総括

8月の劇場での映画鑑賞は7本。今年の累計86本。今月は少な目の本数で推移しましたが、夏休み時期で、7本も見られたのは快挙です。

0802   インポッシブル
0805   ローン・レンジャー
0809   パシフィック・リム
0813   ワールド・ウォーZ
0823   ホワイトハウス・ダウン
0826   スター・トレック/イントゥ・ダークネス
0830   マン・オブ・スティール

今月は、アクション、サスペンス、ドラマ、SFとバラエティに富んだ作品がありました。

今月、良かったのは「インポッシブル」。スマトラ島沖地震で起こった実話に基づく家族の物語。いったいどうやって撮影しているんだと思えるくらい凄まじい津波のシーンは、恐怖を感じました。そして、自分がこの状況に陥った時にいったい何ができるのか?どうすれば良いのか?考えさせられました。そして、何より家族が再会するシーンには感動が待っていました。

また、「スタートレック/イントゥ・ダークネス」も良かったです。「LOST」「フリンジ」のJ.J.エイブラムスが放つSFアクションシリーズ第2弾。昔からのファンへのサービス精神も忘れずに、新たなファンでもわかりやすい作品造りを心掛けていますから、1作目を見なくてもある程度楽しめるようになっています。

今回は2D字幕版で鑑賞しましたが、3D版ではさらに迫力のある映像が楽しめるのでしょう。俯瞰の映像が多かったのは、なぜなのか?冒頭の火山の惑星でもありましたし、地球でも何度も俯瞰の映像がありました。3Dのためとは思いにくい。ではなぜ?何の目線なのか?謎です。ブルーレイ発売時にメイキングで確認したいと思います。

その他、大作が目白押しだった今月。「ローン・レンジャー」はエンターテインメントとして抜群に面白かったですし、「パシフィック・リム」は日本の怪獣映画へのオマージュを感じられる作品でしたし、「ワールド・ウォーZ」「ホワイトハウス・ダウン」はアクション・サスペンスの中にも、家族愛に満ちた作品でした。

来月9月は、今月公開してまだ見ていない作品を見た後は、「サイド・エフェクト」「ウルヴァリン:SAMURAI」「エリジウム」と続きます。大作もありますし、小品ながらも期待作がありますので、楽しみは続きます。

« そうだ、ピアノを弾こう!Vol.7 | トップページ | 「マン・オブ・スティール」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/58092057

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.08映画鑑賞総括:

« そうだ、ピアノを弾こう!Vol.7 | トップページ | 「マン・オブ・スティール」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ