« 「インポッシブル」私的映画考Vol.284 | トップページ | FNS27時間テレビ2013「女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!」鑑賞 »

2013/08/06

「ローン・レンジャー」鑑賞

先日、「ローン・レンジャー」を観てきました。ゴア・ヴァービンスキー監督作品(「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ)。出演:ジョニー・デップ(「ダーク・シャドウ」「ツーリスト」)、アーミー・ハマー(「白雪姫と鏡の女王」)、トム・ウィルキンソン、ウィリアム・フィクナー、バリー・ペッパー、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェームズ・バッジ・デール他。

悪霊ハンター、トント(ジョニー・デップ)は、不思議な白馬の導きと自らの聖なる力によって、瀕死の状態にあった検事のジョン・リード(アーミー・ハマー)を甦らせる。レンジャー部隊の英雄である兄ダンを殺されたジョンは、兄の敵を探すためにトントと手を組む。しかし、法に基づく正義の執行を求めるジョンと、復讐のためなら手段を選ばないトントはまったく噛み合わない。しかし、愛する者に再び魔の手が迫り、マスクをつけた謎のヒーロー“ローン・レンジャー”として生きる覚悟を決めたジョンは、白馬シルバーを従え、無敵の相棒トントと共に巨悪に立ち向かう。

これまで、TVドラマや映画等で何度も映像化されている「ローン・レンジャー」ですが、一度も観たことがありませんでした。しかし、本作を観ていると「ハイヨー、シルバー!」と言う台詞に聞き覚えがあったりして、ここから来ていたのかと思ってしまいました。直接は観ていなくても、何かしらのパロディとかで知っていたのかもしれません。

とにかく大掛かりなアクションが満載で、家族で楽しめるエンターテインメント作品になっています。蒸気機関車上でのアクションはスピード感もたっぷりで、手に汗握る大活劇になっています。良いところで、シルバーが助けてくれたり、最初は馬が合わなかったジョンとトントでしたが、後半では息もぴったりで、連係プレーが冴え渡ります。

謎解きとしても楽しむことができますので、いったい誰が黒幕なのかと推理しながら観ることも出来ます。ある忌まわしい事件のせいで復讐に燃える戦士となったトントの悲しい過去も本作の大きなポイントになってきます。一番の謎は、あのピストルはいったい何発銃弾が入っているのか?と言うところでした。(^-^;

素顔を隠し、正義のために戦うローン・レンジャーと、相棒で復讐に燃える悪霊ハンター、トントの活躍を描くアクション大作。エンドロール途中で、オールド・トントが再び登場しますので、すぐに席を立たないように。

« 「インポッシブル」私的映画考Vol.284 | トップページ | FNS27時間テレビ2013「女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/57938590

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローン・レンジャー」鑑賞:

« 「インポッシブル」私的映画考Vol.284 | トップページ | FNS27時間テレビ2013「女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ