« 「ワールド・ウォー Z」鑑賞 | トップページ | NEW VAIO Proシリーズ来る!その5 »

2013/08/20

PSP「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」その7

2011年8月。それまでプレイしていたニンテンドー3DSをちょっとお休みして、再びPSPに戻りました。それは、「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」が発売されたからです。

この、「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」は、戦略シミュレーションゲームである「ギレンの野望」シリーズの最新作。PSPでは「ジオンの系譜(移植版)」、「アクシズの脅威」、「アクシズの脅威V」に続いての4作目となります。私もこれまで、「ジオンの系譜」「アクシズの脅威」とプレイしてきて、ハマリにハマッてきましたので、最新作では新しいシステムが導入されたと言うことで、プレイを始めました。

発売から2年。飽きっぽい私が継続してプレイし、2013年7月某日、とうとう、ダウンロードコンテンツも含めてすべてのシナリオを、すべてのレベルでクリアしました。いやー長かった。そして、面白かった。

最後に残ったのは、キシリア編のイージーモード。少々ボリュームが多めのキシリア編ですが、いつものようにシナリオに準じてこなしていきます。

イージーモードですから、あまり強い敵は出てきませんし、苦戦するようなこともなく、難易度が低いですから、介入ポイントで追加するモビルスーツを、オーバーテクノロジーの兵器を封印し、一年戦争時代の兵器にしようとも思いましたが、結局は、Zガンダム、ZZガンダムを使って、プレイしてしまいました。おまけにニュータイプ部隊を作り上げ、ララァやロザミア、シャリア・ブル、フォウ等々を登録。宇宙では、エルメスを量産し大暴れしました。

地上に降りてからも、グラブロ等のモビルアーマーやズゴッグE、ガルバルディα等々の強力なモビルスーツに搭乗させ、これまた大暴れ。最終決戦となるジャブローの戦いも難なく制し、無事完全勝利を収めました。

これにて、全シナリオ、全レベルのクリアです。随分前に、モビルスーツ図鑑のコンプリートは完了していましたが、キャラクター図鑑は、未だに空欄が目立ちます。その辺は心残りと言えば心残りではありましたが、とりあえずこれにて、PSP「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」終了です。

思い起こせば2年前、はじめた頃は、右も左も分からずあたふたしていた記憶が蘇りますが、徐々にシステムに慣れていき、楽しめるようになってからは、非常に面白かったです。特に、介入ポイントが貯まってからは、好きなモビルスーツやキャラクターを登録でき、シミュレーションゲームの醍醐味、“IF”を体感できました。

これまでも、「ギレンの野望」シリーズは幾度となくプレイしてきましたが、「新」とつくように、本ゲームではシステムが一新され、より面白くなったように思います。難を言えば、一年戦争編と逆襲のシャア編の間に、Zガンダム編を追加してくれるとなお良かったかもしれません。この流れが、宇宙世紀のガンダムとしての物語の本流だと思いますので。まだまだシリーズが続くのであれば、今後に期待と言うことにしましょう。

と言うことで、プレイ開始から2年で、ようやく終止符を迎えることになりました。今のところ、ガンダム系の新しいシミュレーションゲームが発売される様子はないようですから、別のゲームを物色するとします。長い間、ご苦労様でした。ありがとうございました。(了)

« 「ワールド・ウォー Z」鑑賞 | トップページ | NEW VAIO Proシリーズ来る!その5 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSP「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」その7:

« 「ワールド・ウォー Z」鑑賞 | トップページ | NEW VAIO Proシリーズ来る!その5 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ