« 「パシフィック・リム」鑑賞 | トップページ | PSP「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」その7 »

2013/08/19

「ワールド・ウォー Z」鑑賞

先日、「ワールド・ウォー Z」を観てきました。マーク・フォースター監督作品(「007 慰めの報酬」)。出演:ブラッド・ピット(「ジャッキー・コーガン」)、ミレイユ・イーノス、ジェームズ・バッジ・デール、マシュー・フォックス、スターリング・ジェリンズ、アビゲイル・ハーグローヴ、デイヴィッド・アンドリュース他。

中国僻地で発生した謎のウィルスが爆発的に全世界へと拡大。このままでは、世界は90日以内に滅亡する。全人類を絶滅へと導くウィルスの感染を防ぐため、元国連調査官のジェリー(ブラッド・ピット)は、愛する家族と離れ、世界を駆け回り調査を開始する。しかし、政府と軍隊は崩壊、感染の速度は加速し続けていた。

混雑する幹線道路を走るジェリー・レーンとその家族。穏やかな日常を壊すように、暴走するトラックが渋滞の列に突っ込み、パニックが始まります。凶暴化する人びと、周囲の人を襲い続けます。かみつかれた、十数秒後には感染。被害は見る間に拡大していきます。それを目の当たりにしたジェリーは、家族を連れ、安全な場所を探して街をさまよいます。

元国連の調査官だったジェリーは元同僚のティエリーに請われ安全な海上へと脱出します。そして、現場復帰。それは愛する家族を守るためでもありました。家族と過ごすために危険な仕事を辞めたのに、家族を守るためにまた復帰するという皮肉。

感染元を探るために、専門家を連れ、世界各地を廻るジェリー。行く先々で、感染者に襲われ、幾度となく難を逃れていきます。ワクチンを開発するために。わずかな手がかりを頼りに、調査を進めるジェリー。人類を未曾有の脅威から救うことができるのか?そして、離ればなれとなった家族を守ることができるのか?

エルサレムの壁を這い上がる人間の壁は、正直気持ち悪かった。50mもあろうかという壁を、感染者が折り重なり、山になり、壁を突破していく様は、不気味です。クライマックスのWHO施設内での攻防も緊張感があり面白かったです。最後は爽快感さえあり、パニック解決への手がかりを掴んだのでした。

世界規模で急激に蔓延し、全人類を滅亡に誘う謎のウイルスと、それに立ち向かう人々の戦いを描くパニック・スリラー。

« 「パシフィック・リム」鑑賞 | トップページ | PSP「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」その7 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/58023274

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワールド・ウォー Z」鑑賞:

« 「パシフィック・リム」鑑賞 | トップページ | PSP「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」その7 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ