« NEW VAIO Proシリーズ来る!その8 | トップページ | 「25年目の弦楽四重奏」鑑賞 »

2013/09/13

ホンダ「新型フィットハイブリッド」試乗体験記その2

2013年9月6日、ホンダから、「新型フィット」が発売されました。三代目となるので、「フィット3」と称されています。先日、さっそく、試乗へ行ってきました。アクア乗りの私なりの「新型フィットハイブリッド」試乗体験記を書いていきます。

ネットで検索して「フィットハイブリッド」の試乗が出来る店舗を探し予約しました。基本的な内装の説明を聞き、トリップ゚メータをリセットしたら、いざ公道へ出ての試乗開始です。

ホンダ店から左折で国道へ出ると言うことでしたので、そろそろと動き出します。EVで発進できると言うのが、改良点の一つですので、エンジンは掛かりません。国道手前で一時停止、安全を確認して、そろそろと出ようと思いましたが、あれ?車が動きません。踏み込みが足りないんだなと思って、さらに踏み込みます。

ようやく動き出しました。すぐに信号で停止でしたので、止まります。青になったので、軽く踏み込みます。すると何でしょう。アクセルペダルに何か違和感を感じます。ググッ、グググッ。加速の初期段階で、何かに抵抗を受けているかのような感覚がアクセルペダルから伝わってきます。

何でしょう?と思いつつも、その後、スムースな加速をしていきます。信号に何回か引っかかりましたが、加速する度に、あの違和感は訪れます。そういえば、以前、旧モデルの「フィットハイブリッド」の試乗をした時には、ノッキングの様な感覚を味わいましたが、今回は、得体の知れないアクセル感覚でした。

エアコンがいけないのか?と思い、エアコンを切ってみましたが、同じでした。次に、「ECONモード」スイッチを切ってみました。するとどうでしょう、ググッ、グググッというアクセルの感覚が幾分、弱まりました。あ、これだ!

「ECONモード」に切り替えるとより低燃費モードに制御してくれるのですが、初期加速の部分でも、かなりの制御をしていると言うことなのでしょうか?確かに、「ECONモード」をオンにすると、加速時もペダルが重たいという感じを受けました。

国道を走り、坂を下り、市街地へ。時速は40km~50kmと制限速度内で安全運転をし、いつもアクアくんで走っているような走り方を心がけました。加速が終わり、巡航する場合は、アクセルを少し戻す動作も行います。無用な加速はしません。

試乗コースの最後は、上り坂。エアコン、ECONモードはONのまま、上ります。初期加速時の違和感はそのままですが、急な上り坂でも、難なく走ります。再び、国道を走り、トヨタ店へと帰着しました。

おおむね5kmほどの試乗コースですが、気になる燃費は?!

つづく。

« NEW VAIO Proシリーズ来る!その8 | トップページ | 「25年目の弦楽四重奏」鑑賞 »

アクア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/58184398

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ「新型フィットハイブリッド」試乗体験記その2:

« NEW VAIO Proシリーズ来る!その8 | トップページ | 「25年目の弦楽四重奏」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ