« 「私が愛した大統領」鑑賞 | トップページ | 自転車は素敵 »

2013/10/22

「クロニクル」鑑賞

先日、「クロニクル」を観てきました。ジョシュ・トランク監督作品。出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、アシュレイ・ヒンショウ他。 

高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)は、生活のすべてを、ビデオカメラに語りかけながら記録していく。ある日、同じ高校に通ういとこのマット(アレックス・ラッセル)が、アンドリューをパーティーに誘う。パーティを抜け出し、スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン)と共に洞窟探検に向かう。そこで3人は、不思議な物体に触れ、不思議な能力を身につけてしまう。念動力である。そして、3人は力を使い、高校生活を充実させていくかに見えたが・・・。

「パラノーマル・アクティビティ」に始まる、モキュメンタリー作品の系統で、ホラーではなくSFを題材にした作品。ホームビデオや、監視カメラ等、様々なカメラに収められた映像をつなぎ合わせています。

最初は、女の子のスカートをめくったり、駐車してある車を移動させたりと、軽いイタズラでしたが、能力を次第に強めていくアンドリューは、車を横転させたりと他人にケガをさせるほど。このままではいけないと、マットはルールを作りますが、アンドリューは不満でした。

やがて空を飛べるようになった3人は、学校のタレントショーで手品を披露したり、ぎりぎりばれない程度に人前でも能力を使い始めます。アンドリューは人気者の仲間入りを果たし、ようやく学校生活が楽しくなってきましたが、しかし、事件は起こります。スティーヴが死に、責任の一端がアンドリューにあるのではと詰め寄るマット。二人は疎遠になっていきます。

様々な鬱憤が爆発し、アンドリューは暴走してしまいます。クライマックスは、二人の超能力バトル。街を破壊しながら、警察にも追われ、逃げ道は断たれていきます。そして、最期の時。悲しい結末を迎えてしまうのでした。

ビデオカメラで撮影していきますが、最初は些細な事から、だんだんとエスカレートしていく様が、人間の愚かさを描いているようでした。念動力を使って、カメラを浮遊させながら自分たちを撮影したり、カメラを持ったまま空を飛ぶシーンは、面白い映像になっています。

しかしながら、この映像を入手し、作品として公開された経緯等が不明なので、単なるフィクション作品のように思えてしまうのがもったいないです。

特殊な力を身に着けてしまったがために、その力に翻弄されていく3人の高校生の姿を描くSFサスペンス。

« 「私が愛した大統領」鑑賞 | トップページ | 自転車は素敵 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/58427604

この記事へのトラックバック一覧です: 「クロニクル」鑑賞:

« 「私が愛した大統領」鑑賞 | トップページ | 自転車は素敵 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ