« 自転車は素敵 | トップページ | 「ダイアナ」鑑賞 »

2013/10/24

「ブロークンシティ」鑑賞

先日、「ブロークンシティ」を観てきました。アレン・ヒューズ監督作品。出演:マーク・ウォールバーグ(「ハード・ラッシュ」「テッド」)、ラッセル・クロウ(「マン・オブ・スティール」)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(「サイド・エフェクト」)、バリー・ペッパー、カイル・チャンドラー他。

7年前に警察官を辞め、私立探偵を開業したビリー・タガート(マーク・ウォルバーグ)は、危険だが金にならない仕事に追われる日々を過ごしていた。ニューヨークが8日後に控えた市長選に沸くなか、現市長のホステラー(ラッセル・クロウ)がビリーを呼び出し、妻(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の浮気調査を依頼してくる。調査を終えた数日後、浮気相手だった、対立候補ヴァリアントの右腕、アンドリュース(カイル・チャンドラー)が射殺される。ホストラーの陰謀に利用されたことに気づいたビリーは、正義を貫くために立ち上がるのだった。

7年前に警察官を辞めたビリー。そこには、ある殺人事件にまつわる秘密があり、ビリーと市長はその秘密を共有していたのでした。まさに運命共同体。気づいた時には時すでに遅し、このまま事件を明るみにするのか、そうすれば、ビリーもただでは済みません。その時、ビリーの取った行動とは・・・。

正義が希薄になってきた昨今。権力を持つモノが、正義の道を踏み外した時、その事実を知ったモノはどうすれば良いのか?何ができるのか?権力が大きければ大きいほど、黙って傍観するしかないのかもしれません。正義を貫き通すには大きな犠牲がつきものなのでしょう。

大物政治家による陰謀に巻き込まれながらも、たったひとりで巨悪に立ち向かう私立探偵の姿を描くクライム・サスペンス。豪華キャストの共演が見物の作品です。

« 自転車は素敵 | トップページ | 「ダイアナ」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/58446179

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブロークンシティ」鑑賞:

« 自転車は素敵 | トップページ | 「ダイアナ」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ