« パソコンの画面が90度回転?! | トップページ | 「スティーブ・ジョブズ」鑑賞 »

2013/11/18

「悪の法則」鑑賞

先日、「悪の法則」を観てきました。リドリー・スコット監督作品(「プロメテウス」)。出演:マイケル・ファスベンダー(「SHAME シェイム」)、ペネロペ・クルス(「パイレーツ・オブ・カリビアン」)、キャメロン・ディアス(「モネ・ゲーム」)、ハビエル・バルデム(「ビューティフル」)、ブラッド・ピット(「ワールド・ウォーZ」)他。

メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称カウンセラー(マイケル・ファスベンダー)は、、ほんのちょっとの出来心から裏社会のビジネスに手を染める。美しいフィアンセ・ローラ(ペネロペ・クルス)のために高価な指輪を用意した結果、大金が必要となったのだ。彼は実業家のライナー(ハビエル・バルデム)と手を組み、裏社会のブローカー、ウェストリー(ブラッド・ピット)も交えて新ビジネスに着手する。その仕事は巨額の利益を生むはずだったが、思わぬ妨害が入り、窮地に立たされていくのだった。

物語は、たんたんと段取り的に描かれていくのですが、説明不足の点もあり、はっきりとした流れが分かり辛い印象を受けます。見ている内に、ああここに繋がるのかと、後付けで関係性が見えてくるのですが、少々想像力が必要です。

とにかく主役級の豪華キャストが勢揃いという感じで、見ていてワクワクしますが、クライマックスの緊張感と言ったら、凄いです。ブラッド・ピット演じるウェストリーが無事逃げ切れるのかと思いきや、どいつもこいつも悪人に見えてきて、緊迫感が募ります。

悪人というのは、平気な顔をして裏切り、仲間を貶めていくのでしょう。そして、自分たちがこの世の闇に渦巻く“悪の法則”に、はまってしまったことに気づかないうちに、次々と罠に掛かり、それはもう後戻りができず、取り返しが付かないのです。

テキサスを舞台に、危険な裏ビジネスに手を染めてしまった弁護士と周囲のセレブリティたちがたどる運命を描く心理サスペンス。

« パソコンの画面が90度回転?! | トップページ | 「スティーブ・ジョブズ」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/58586196

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪の法則」鑑賞:

« パソコンの画面が90度回転?! | トップページ | 「スティーブ・ジョブズ」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ