« それゆけ!アクアくん Vol.43 | トップページ | 2013.11映画鑑賞総括 »

2013/11/28

「マラヴィータ」鑑賞

先日、「マラヴィータ」を観てきました。リュック・ベッソン監督作品。出演:ロバート・デ・ニーロ(「レッド・ライト」「キラー・エリート」)、ミシェル・ファイファー(「ダーク・シャドウ」)、トミー・リー・ジョーンズ(「31年目の夫婦げんか」)、ディアナ・アグロン、ジョン・ディレオ他。 

フランス・ノルマンディー地方。のどかな田舎町に、ブレイク一家の一家が引っ越してくる。元マフィアのボスであるフレッド(ロバート・デ・ニーロ)を筆頭に、妻マギー(ミシェル・ファイファー)や二人の子供も曲者揃いである。問題を起こしつつも、町に次第になじみつつある一家だったが、フレッドに恨みを抱く現役マフィアの首領は、フレッドを探し続け、ついに手がかりを掴む。そして、殺し屋軍団がまちにやってくるのだった。

フレッドは、FBI証人保護プログラム下に置かれているらしく、監視しているのはFBI。ことある毎にちくちくもの申しに来るのはFBIのロバート(トミー・リー・ジョーンズ)。フレッドとロバートの会話を聞いているだけでも思わず笑ってしまいますが、とにかくこの一家はハチャメチャです。短気な父親は、ちょっと気にくわないとすぐ相手を殺してしまいますし、母親は爆破、娘もすさまじい暴力を振るうし、息子は情報戦略長けている。ただ者ではありません。

暇に任せてフレッドは自叙伝を書き始めたり、妻のマギーは告解に行って教会立ち入り禁止を食らったり、娘は恋に落ち、息子は悪行が学校にばれ家出をします。しかし、マファイアの魔の手は、すぐそこまで迫っていました。

そして、クライマックス。町を巻き込んでの銃撃戦。少々あっけない感じはしましたが、そこがメインではないので、あしからずといった感じです。元マフィアのボスをロバート・デ・ニーロが演じているだけでも愉快な設定ですし、アメリカとフランスのカルチャーギャップも楽しめますからコメディとして、大いに笑ってしまうのが良いのかも。

FBIの証人保護プログラムで世界各地を転々とするマフィアとその家族が行く先々でトラブルを巻き起こすさまを描く人間ドラマ。

« それゆけ!アクアくん Vol.43 | トップページ | 2013.11映画鑑賞総括 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/58659719

この記事へのトラックバック一覧です: 「マラヴィータ」鑑賞:

« それゆけ!アクアくん Vol.43 | トップページ | 2013.11映画鑑賞総括 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ