« 「新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女」その2 | トップページ | 自転車は素敵 その4 »

2013/12/05

地球一のサッカーを見よう!2013 Vol.1

今年もやってきました年に一度のお楽しみ、サッカー地球一決定戦!TOYOTAプレゼンツ・FIFAクラブワールドカップ JAPAN 2013。世界6大陸のクラブチーム代表が世界一を争うこの大会。明日、2013年12月12日より開幕です。今年からモロッコででの開催になります。

出場クラブは以下の通り。

広州恒大( 中国) AFC 初出場
アル・アハリ(エジプト) CAF 5回目
モンテレイ(メキシコ) CONCACAF 3回目
アトレチコ・ミネイロ(ブラジル) CONMEBOL初出場
オークランド・シティ(ニュージーランド)5回目
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ) UEFA 初出場
ラジャ・カサブランカ(モロッコ) CAF(開催国枠) 2回目

本大会に出場するためには、各国の前シーズンで好成績を残し、それぞれのチャンピオンズリーグを勝ち抜かなければいけません。その上、並行し今年のリーグ戦もありますから、過密日程は必至。その試合を勝ち上がってきたチームが集う大会だけに、素晴らしい試合が期待できるというモノです。オークランドシティ、モンテレイ、アル・アハリと本大会おなじみのチームが見えますが、南米、欧州代表はさすがに連覇はむずかしいようで、初出場となっています。

なんと言っても注目はヨーロッパ王者のバイエルン・ミュンヘン。史上初となったドイツ勢同士の対戦となったヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝でドルトムントを破ったバイエルン・ミュンヘンの登場です。リベリー、ロッベン、シュバインシュタイガーら、破壊力のある攻撃陣が、どこまで見せてくれるか楽しみです。

昨今のヨーロッパサッカーは、ドイツが中心になろうとしているのか?世界のサッカーの基準が変わろうとしているのか?ドイツサッカーに大注目です。また、来年2014年はブラジルワールドカップの年ですから、南米王者のアトレチコ・ミネイロが優勝して、ワールドカップに勢いをつなげるのか?

昨年大会では南米王者コリンチャンスが、欧州王者のチェルシーを破り、現在の形式になってからの8大会での対戦成績を4勝4敗と五分としました(内1回は南米3位)ので、今後の世界のサッカー趨勢を占うには良い大会でしょう。

気持ち的には、欧州王者VS南米王者の決勝戦が見たいですが、今年は波乱があるのか?一発勝負のトーナメントですから、何が起こるかわからないのは当然ですが、欧州、南米とそれ以外の地域との実力差は着実に近づいてきてはいますのでもしかしたら?もあり得ます。

伝統のトヨタカップが、世界6大陸のクラブチーム代表の出場となって、今年で9回目。今年2013年の最後を飾るサッカーのビッグイベントが始まります。昨年までの2大会は日本で開催していましたが、2013年から2大会はモロッコでの開催となります。放送が深夜になりますから、鑑賞は大変です。リアルタイムはとても無理なので、録画して鑑賞するとします。

開幕戦は開催国王者ラジャ・カサブランカ(モロッコ)vsオセアニア王者オークランドシティ(ニュージーランド)。2013年12月12日25:40~放送。今年も地球一のサッカーを見よう!

« 「新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女」その2 | トップページ | 自転車は素敵 その4 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/58696941

この記事へのトラックバック一覧です: 地球一のサッカーを見よう!2013 Vol.1:

« 「新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女」その2 | トップページ | 自転車は素敵 その4 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ