« 「かぐや姫の物語」鑑賞 | トップページ | 「トリック劇場版 ラストステージ」鑑賞 »

2014/01/16

自転車は素敵 その6

毎年、健康診断の結果が芳しくなく、とにかく運動不足を解消しようと、自転車に乗ることを決意。「イオンバイク  」にて、27インチのカジュアルファミリーサイクル6段変速つきを購入しました。

漠然と走っていても納得がいかないので、「サイクルコンピュータ」を取り付けようと、ネットで物色してみました。結果、購入したのが、「CATEYE CC-VT210W VELO WIRELESS+」です。価格は3500円程度ですから、手頃です。

まずは、設置します。フロントフォークにセンサーを取り付けます。次に、スポークにマグネットを取り付けます。タイヤが回転するとセンサーの前をマグネットが通過し、それによって、速度を算出するわけです。次にコンピュータ本体をハンドルバーに取り付けます。台座をナイロンタイで縛り付け、本体をカチッとはめ込みます。着脱式なので、盗難対策にもなります。

前輪を持ち上げて回転させると、コンピュータが反応することを確認して終了。設置は10分少々で終わりました。これはカンタンです。時計を合わせて、タイヤサイズ等を入力して、初期設定は終了です。

本体のボタンを押す度に、速度、走行距離、積算距離、走行時間、消費カロリーなどが表示されます。これで、どれくらい運動したかの目安ができました。

さっそく試運転をかねて、サイクリングに出発します。これまでは、腕時計を見ながら、15分ほど走ったら、復路につくという感じでしたが、走行時間が表示されていますから、何分したら復路につこうと、わかりやすいです。それに、信号待ちや休憩時はカウントされませんから、実際にこいでいる時間が分かります。

また、時速何kmくらいで走っているのか分かりませんでしたし、走行距離はどのくらいなのか分かりませんでしたが、デジタル表示で明確にできるようになりました。信号等で止まりますから、減速することもありますので、平均時速は16km/hくらいです。これでも、30分走れば、汗だくです。慣れてきたら、もう少しペースを上げていきたいとは思っています。

商品レビューにもありましたが、コンピュータ本体は盗難の元なので、自宅でも、行った先々でも、自転車から離れる時は、必ず取り外して持ち歩くようにしています。センサーは目につきにくいので、大丈夫だとは思います。

これでまた、楽しみが増えました。漠然と走っていたのと比べて、どれくらい走ったか、具体的に数値として表れるのは気持ちが良いです。毎回リセットして、その日の走行距離を見ながら走りますが、積算距離は、積み上がっていきますから、これまた楽しみです。積算したらいつの日か日本一周できるかも?!

つづく。

« 「かぐや姫の物語」鑑賞 | トップページ | 「トリック劇場版 ラストステージ」鑑賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/58956120

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車は素敵 その6:

« 「かぐや姫の物語」鑑賞 | トップページ | 「トリック劇場版 ラストステージ」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ