« 「危険な関係」鑑賞 | トップページ | ソニー製パソコン最後の日 »

2014/02/06

「ウォールフラワー」鑑賞

先日、「ウォールフラワー」を観てきました。スティーヴン・チョボスキー監督作品。出演:ローガン・ラーマン(「パーシー・ジャクソン」シリーズ」)、エマ・ワトソン(「ハリー・ポッター」シリーズ)、エズラ・ミラー(「少年は残酷な弓を射る」)、メイ・ホイットマン、ケイト・ウォルシュ、ディラン・マクダーモット、メラニー・リンスキー、ポール・ラッド他。 

高校に入学したチャーリー(ローガン・ラーマン)は、誰からも相手にされず孤独な日々を送っていた。そんな中、ひょんな事から、上級生のパトリック(エズラ・ミラー)と同じく上級生のサム(エマ・ワトソン)の兄妹と知り合う。プロムの夜、壁際に立っていたチャーリーは、派手に踊るサムとパトリックに刺激され、不器用ながらダンスに加わる。ついに、“壁の花”から卒業したのだ。その後、初めてパーティーに参加し、これから高校生活が楽しくなると思い始める。

人は皆、何かに悩み、葛藤しながらも、青春を謳歌しようともだえ苦しみ、そして大人になっていくのでしょう。そんな、失望と成長を、仲間との絆を紡いでいく内気な主人公チャーリーを通して、青春の1ページを記していきます。

中でも、チャーリーは、幼い頃に大好きな伯母を亡くしています。そのことがトラウマのようになって、彼を苦しめていたのでした。ただの交通事故だったと思い込んでいたチャーリーでしたが、次第に真実が分かりはじめるようになり、さらに彼を苦しめるのでした。

他にも、初パーティーにはじまり、初恋、ファーストキスと初めてづくしながらも、音楽やファッションの趣味が合う、サムに対してほのかな恋心を寄せて行きますが、サムには彼氏がいました。どうして、自分に合わない人とつきあうのだろう。チャーリーは思いますが、その疑問に答えてくれるのは、唯一信頼する教師アンダーソン(ポール・ラッド)だけでした。

小説家を目指す内気な少年が、風変わりな兄妹との出会いを通して成長していく姿がつづられる青春ドラマ。

« 「危険な関係」鑑賞 | トップページ | ソニー製パソコン最後の日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/59082042

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウォールフラワー」鑑賞:

« 「危険な関係」鑑賞 | トップページ | ソニー製パソコン最後の日 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ