« ソニー製パソコン最後の日 | トップページ | 「ラッシュ プライドと友情」鑑賞 »

2014/02/10

「マイティ・ソー ダーク・ワールド」鑑賞

先日、「マイティ・ソー ダーク・ワールド」を観てきました。アラン・テイラー監督作品。出演:クリス・ヘムズワース(「ラッシュ」「キャビン」)、ナタリー・ポートマン(「ブラック・スワン」)、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンス、ステラン・スカルスガルド、イドリス・エルバ、クリストファー・エクルストン、アドウェール・アキノエ=アグバエ、カット・デニングス、浅野忠信他。

アベンジャーズ」の戦いから1年。ロンドンで原因不明の重力異常が発生した。ソーの恋人であり天文物理学者のジェーン(ナタリー・ポートマン)は、その原因調査のためロンドンへと向かう。ジェーンはその謎に迫るが、宇宙滅亡を導く鍵となる“ダーク・エルフの力”を自らの身体に宿してしまう。その異変に気付いたソー(クリス・ヘムズワース)はジェーンを救うため、故郷アスガルドへ彼女を連れて行く。そんな中、ダーク・エルフを率いるマレキス(クリストファー・エクルストン)が、ジェーンの身体に宿ったエネルギーを狙い、アスガルドに攻め込んでくるのだった。

ソーの活躍を描き人気を博したアクションシリーズ第2弾。地球に、ジェーンに危機が訪れた時、ソーは必ず帰ってくる。探し続けていたジェーンの前にソーが現れた時、熱い抱擁かと思っていたら、平手打ち。この辺りがこのシリーズの良さでしょう。そして窮地に立たされたジェーン。得体の知れない力を宿してしまったジェーンを救うべく、アスガルドへ連れて帰りますが、為す術がありませんでした。そして、急襲。ダーク・エルフがアスガルドを破壊します。

危機は去ったモノの、ジェーンを救う術がなく、頼った相手は、弟のロキでした。収監されていたロキを脱獄させ、最後の賭に出ます。ジェーンの運命は?そして、地球を、他の世界を救うことはできるのか?

大迫力のアクションシーン満載で、クライマックスの地球上での戦いは凄まじい。ハンマーを使った戦いが中心ですが、アベンジャーズ最強の男は、強いです。しかし、ダークパワーをまとったマレキスの破壊力も凄まじい。おかげで、グリニッジ天文台はメチャメチャです。それにしても、最後のどんでん返しの意味は?良くわからなかったです。それと、今回も、スタン・リー氏のカメオ出演はあります。お見逃しなく。

エンドロールの途中、終了後にもお楽しみ映像がありますので、劇場が明るくなるまで席を立たないように。「ソーは、必ず帰ってくる」。さらなる続編、アベンジャーズの続編と繋がる言葉でしょう。

“アベンジャーズ”の戦いの後、再び地球を襲う未曽有の危機に、ソーとその弟ロキが挑むアクション大作。

« ソニー製パソコン最後の日 | トップページ | 「ラッシュ プライドと友情」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/59082083

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイティ・ソー ダーク・ワールド」鑑賞:

« ソニー製パソコン最後の日 | トップページ | 「ラッシュ プライドと友情」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ