« 「エレニの帰郷」鑑賞 | トップページ | 4Kテレビ、来る!その5 »

2014/03/11

「ホビット 竜に奪われた王国」鑑賞

先日、「ホビット 竜に奪われた王国」を観てきました。ピーター・ジャクソン監督作品。出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、ベネディクト・カンバーバッチ、エヴァンジェリン・リリー、リー・ペイス、ルーク・エヴァンス、ケン・ストット、オーランド・ブルーム、ミカエル・バーシュブラント、シルベスター・マッコイ、エイダン・ターナー他。 

魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)に誘われトーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)ら13人のドワーフたちとともに、巨大な竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)に奪われたドワーフの王国エレボールを取り戻す旅に出たホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)。臆病だったビルボは、旅を通じて自分にも知恵や勇気があることに気付き、ドワーフたちと固い絆で結ばれていった。しかし旅は困難を極めた。獰猛で巨大なクモの群れから襲撃を受け、ドワーフたちと因縁のある森のエルフとの遭遇し捕まり、脱出したと思ったら、樽に乗り急流を下りながらのオークとの死闘・・・。それでも彼らは目的を果たすため、恐ろしいスマウグがいるはなれ山の荒れ地を目指し、湖に浮かぶ街へと到着する。

「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚に当たる物語を、3部作として映画化した第2弾。なんといっても、あの世界観が素晴らしいです。ドワーフの世界、そしてエルフの森。「ロード・オブ・ザ・リング」でみた、あのワクワクするような世界観が目の前にあります。

次々と現れる困難を旅の仲間で力を合わせ解決し、先へ進む。まさにRPGのよう。エルフの森から樽に乗っての脱出するくだりは、面白かった。まさにゲームのよう。「ロード・オブ・ザ・リング」にも登場したレゴラスも登場し、尋常ではない強さを披露しています。

今回は人間の住む湖の街も登場。そこには、伝説となった竜との戦いの跡があり、預言としてトーリンに関するモノもありました。トーリンがはなれ山に入れば、街は滅ぶという不吉なモノ。

邪悪な巨竜スマウグは人語を解し、仲間を追い詰めていきます。ビルボとのかけひきは面白かった。ビルボはこれまで結果を出し続けて、次第に自信を付けていきますが、それは指輪あってのこと。そして、“あのしと”が誕生。いったいどうなる?果たして、トーリンは無事、はなれ山にたどり着くことができるのか?スマウグとの対決の結果は?あの指輪を駆使して旅を続けるビルボの運命は?

とても良いところで、「つづく」となってしまいます。早く続きが観たい!3部作の完結編「ゆきて帰りし物語(仮)」は2014年末に全米公開予定。

« 「エレニの帰郷」鑑賞 | トップページ | 4Kテレビ、来る!その5 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/59275353

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホビット 竜に奪われた王国」鑑賞:

« 「エレニの帰郷」鑑賞 | トップページ | 4Kテレビ、来る!その5 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ