« 「マチェーテ・キルズ」鑑賞 | トップページ | 「リディック ギャラクシー・バトル」鑑賞 »

2014/03/26

「ローン・サバイバー」鑑賞

先日、「ローン・サバイバー」を観てきました。ピーター・バーグ監督作品。出演:マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、ミール・ハーシュ、ベン・フォスター、エリック・バナ他。 

2005年6月、国際テロ組織アル・カイーダの重要工作員の暗殺を狙ったレッド・ウィング作戦のため、アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シールズはアフガニスタンに赴く。4人の隊員が山岳地帯で偵察をしていた際、ある判断が200人超のタリバン兵から攻撃される状況を呼んでしまう。絶体絶命の状況下、崖から転がり落ち全身負傷しながら自分と仲間を信じて行動する4人。生死を分ける選択に次々と迫られる過酷な場に立ち向かっていく。

実際にあった出来事を基にした作品で、山岳地帯で孤立し、通信もできない状態で、タリバン兵に囲まれるという事態に陥ってしまいます。特殊部隊とは言え、多勢に無勢で、逃げるしかありません。しかし、山岳地帯は逃げるだけでも一苦労。被弾し、次第に追い詰められ、絶壁から転げ落ちて逃げるるしかありません。傷つき、さらに追い詰められます。地の利は圧倒的。

戦闘シーンは大迫力で、実にリアルです。銃撃戦で傷ついていく様は凄いです。また、スタントマンがいるにしても、実際に断崖絶壁を降りているのでしょうから、どんな風に撮影しているのか気になる感じです。

一人また一人と囚われていきますが、最後に残ったマーカス(マーク・ウォールバーグ)は奇跡的な出来事に遭遇するのでした。本当にこれこそが奇蹟なんでしょう。いつか紛争は終わり、平和な日々が来るに違いないと思わせてくれます。信念というのは、岩よりも硬いのです。

アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員4人が、200人超の敵兵の攻撃にさらされ、創設以来最大の惨事と呼ばれている“レッド・ウィング作戦”を映画化した戦争アクション。

« 「マチェーテ・キルズ」鑑賞 | トップページ | 「リディック ギャラクシー・バトル」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/59359308

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローン・サバイバー」鑑賞:

« 「マチェーテ・キルズ」鑑賞 | トップページ | 「リディック ギャラクシー・バトル」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ