« 「LIFE!」鑑賞 | トップページ | 「ローン・サバイバー」鑑賞 »

2014/03/25

「マチェーテ・キルズ」鑑賞

先日、「マチェーテ・キルズ」を観てきました。ロバート・ロドリゲス監督作品。出演:ダニー・トレホ、ミシェル・ロドリゲス、ソフィア・ヴェルガラ、アンバー・ハード、チャーリー・シーン、レディー・ガガ、アントニオ・バンデラス、ジェシカ・アルバ、デミアン・ビチル、アレクサ・ヴェガ、ヴァネッサ・ハジェンズ、キューバ・グッディング・Jr他。 

マチェーテ(ダニー・トレホ)は、アメリカ大統領(カルロス・エステベス)から直々に、メキシコのマッドマン(デミアン・ビチル)を倒してほしいと依頼を受ける。マッドマンの心臓はミサイルの発射と連動しており、もし心臓が止まれば、ミサイルはワシントンを壊滅することになっている。それを解除できるのは、世界一の武器商人ヴォズ(メル・ギブソン)しかいない。マチェーテとマッドマンを狙う懸賞金目当ての暗殺者集団やヒットマンが現れる。マチェーテはヴォズの元へたどり着きミサイル発射を阻止できるのか?

冒頭、SFチックな「マチェーテ・キルズ イン・スペース」なるものの予告編、それもチープな造りの映像で流されます。B級を通り越して、C級映画という感じ。おもしろいことするなあと思っていたら、実は次回作の本当の予告編だったりするんです。

てな感じで、前作に引き続き、不死身の男・マチェーテが、ハチャメチャに活躍する本作。出演者もちょい役なのに豪華です。早々に死んでしまうジェシカ・アルバに、大統領役のチャーリー・シーン、殺し屋が変装したアントニオ・バンデラス、殺し屋はキューバ・グッディング・Jr、極めつけはレディー・ガガときます。 そして、悪の親玉がメル・ギブソンですから、そりゃ見てるだけで楽しいです。

メキシコから、国境を越えてアメリカへ、そして、あれよあれよという間に、舞台は宇宙へと繋がっていきます。本当に次回作はあるのか?それが一番、興味がそそられたことでした。

あいかわらず、ばかばかしいほどの殺し方を、大まじめにやっていますから、コメディとしてみる分には問題ありませんが、それにしても残酷な描写が多いので、鑑賞には注意が必要です。

メキシコの元連邦捜査官マチェーテが強烈な個性の悪者たちをバッタバッタと倒していく バイオレンス・アクションの続編。

« 「LIFE!」鑑賞 | トップページ | 「ローン・サバイバー」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/59353913

この記事へのトラックバック一覧です: 「マチェーテ・キルズ」鑑賞:

« 「LIFE!」鑑賞 | トップページ | 「ローン・サバイバー」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ