« それゆけ!アクアくん Vol.48 | トップページ | イオンシネマ3ヶ月パスポート!!結果発表! »

2014/04/09

「アデル、ブルーは熱い色」鑑賞

先日、「アデル、ブルーは熱い色」を観てきました。アブデラティフ・ケシシュ監督作品。出演:レア・セドゥ、アデル・エグザルコプロス、サリム・ケシュシュ、モナ・ワルラヴェン、ジェレミー・ラエルト、オーレリアン・ルコワン、カトリーヌ・サレ他。第66回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品。

街中ですれ違った青い髪の女性エマ(レア・セドゥ)に周囲の人とは違う何かを感じる女子高生のアデル(アデル・エグザルコプロス)。エマは画家で、アデルは彼女が持つ独特の感性や大人っぽい雰囲気、知性の高さに惹かれていく。数年後、教師になったアデルはエマと一緒に暮らしていた。エマはアデルをモデルに絵を描きアデルは幸せをかみしめていた。だが、ふたりの気持ちにすれ違いが生まれはじめるのだった。

これほどまでに熱く狂おしいほどの恋、それも女性同士の恋を見たことも聞いたこともありませんでした。それだけでも衝撃的ですが、さらに、激しい性愛描写が実に官能的です。男女でもここまでのモノを、映画で見たことがないと言うくらいです。

熱情が高まりに高まり、熱く煮えたぎり、冷めにくい時期は良かったのでしょう。すべてが楽しかった。しあわせだった。しかし、それぞれに仕事を持ち、一緒にいられる時間が少なくなって行くにつれて、その温度は次第に下がっていきます。それは男女の関係と何ら変わることがないのです。恋を愛へと昇華させていくことが大切なのですが、その術を知らなかった。寂しさに流されてしまった。

そして、後悔をすれども、取り返すことはできず、その大きな溝は埋めることができないのでした。熱かったからこそ、怒りも際限がなく、憎しみへと変わっていく。これが演技なのかと言うほど、凄まじい言い合いでした。あとは、虚無感が残るだけ。知らずに涙がこぼれていく。また、再会後のシーンも凄かった。

アップを多用し、丹念に心の機微を描いていきます。目は口ほどにものを言うの言葉通り、感情はあふれ出し。激情はほとばしります。3時間弱ある本編には、一見無駄なのではと思えるようなシーンもあるのですが、実は伏線になっていたりします(授業のシーン等)。日常を描くからこそ、非日常の関係が真実みを帯びてくるのかもしれません。

青い髪の画家エマに恋した女子高生アデルが狂おしいほどの愛と性に溺れていく姿を描くラブストーリー。

« それゆけ!アクアくん Vol.48 | トップページ | イオンシネマ3ヶ月パスポート!!結果発表! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/59428833

この記事へのトラックバック一覧です: 「アデル、ブルーは熱い色」鑑賞:

« それゆけ!アクアくん Vol.48 | トップページ | イオンシネマ3ヶ月パスポート!!結果発表! »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ