« 新潟市映画館事情 2014年版 File.03 | トップページ | そうだ、ピアノを弾こう!Vol.9 »

2014/05/09

4Kテレビ、来る!その9

2013年12月末、ソニーの「4Kテレビ」KD-55X8500Aを購入しました。

購入後すぐに、USB-HDDを取り付けました。

前もって購入しておいたバッファローの外付けHDD「HD-LB2.0TU2/N」、2TB。まずは設定をします。これは驚くほどカンタンです。USBケーブルを本機に繋ぎ、[ホーム]-[機能設定]-[録画用HDD登録]から、HDDを録画用に設定します。

最大8台まで設定ができ、録画した番組は本機のみでしか視聴出来ません。録画モードは1種類しかなく、おそらくBDレコーダーのDRと同じレベルかと思われます。

設定が終わりましたので、さっそく録画予約。番組表から録画したい番組名を指定します。録画モードは固定なので、それだけで終了です。また、見ている番組を録画したい時は、リモコンから録画ボタンを押すだけで、すぐに録画が始まります。

次に、録画した番組を再生してみます。[ホーム]-[テレビ]-[録画]から、「録画した番組のリスト」を開きます。一覧が表示されますので、該当番組を実行。再生が始まります。ここで、BDレコーダーとの操作性の違いに面食らいます。チャプターと言う概念がありませんので、CM飛ばしはできません。早送りや巻き戻しはできます。

私の場合、CM飛ばしする時、BDレコーダーのリモコンで本機も操作していますので、その際は、「15秒送り(フラッシュ)」ボタンを使います。このボタンを押すとなぜか+27秒進みます。何とも微妙な秒数です。まあ、CMは30秒単位ですから、ボタンを押すまでのタイムラグが若干ありますから、それほど気にならないです。

タイトルの削除や予約の確認もできます。が、毎週録画、毎日録画やおまかせまる録のようなモノはありませんので、毎週見る番組でも、毎回、手動で予約しないといけません。そりゃあ録画専門のBDレコーダーとは違いますから、簡易的な録画メディアとして利用するのが良さそうです。なので、見てすぐ消すような番組のみを録画するようにしています。まあ、BDレコーダーの補助的なモノとしの扱いです。

« 新潟市映画館事情 2014年版 File.03 | トップページ | そうだ、ピアノを弾こう!Vol.9 »

ホームシアター」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/59612708

この記事へのトラックバック一覧です: 4Kテレビ、来る!その9:

« 新潟市映画館事情 2014年版 File.03 | トップページ | そうだ、ピアノを弾こう!Vol.9 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ