« 「それでも夜は明ける」鑑賞 | トップページ | 4Kテレビ、来る!その10 »

2014/05/20

「チョコレートドーナツ」鑑賞

先日、「チョコレートドーナツ」を観てきました。トラヴィス・ファイン監督作品。出演:アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァ、フランシス・フィッシャー、グレッグ・ヘンリー、ジェイミー・アン・オールマン、クリス・マルキー、ドン・フランクリン他。 

1979年、カリフォルニア、歌手を目指しているショーダンサーのルディ(アラン・カミング)と弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)はゲイカップル。 母親に見捨てられたダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)と出会った二人は彼を保護し、一緒に暮らしはじめる。本当の子どものように大切に接していくうちに、家族のような愛情が芽生えていく。 しかし、ルディとポールがゲイカップルだということを隠していたことが露呈し、ふたりはマルコと引き離されてしまうのだった。

とてもせつない話しでした。あいかわらずどんな話しか分からずに見に行っているので、序盤は戸惑いました。ショーパブで歌い踊る主人公のルディ。フラッと店に現れたポールは一目惚れ。つきあい始めます。ルディの隣室の少年マルコが、麻薬所持で逮捕された母を待っていましたが、母性が目覚めたのか、ルディは面倒を見始めます。マルコはダウン症でした。

マルコを法的に引き取ったルディとポールは3人で暮らしはじめます。食事を与え、学校に送り、遊んで、寝かしつける。決まって物語を聞かせるルディ。もちろんハッピーエンド。ここが実に良かった。ミュージックビデオかという具合に、一連の楽しい日々が描かれています。

しかし、楽しく幸せな日々は長くは続きません。後半は、審判の連続。“いとこ”と関係を偽ったがために、マルコと引き離されてしまいます。3人は再び一緒に暮らすことができるのか?

見てくれは、そんなに美しいとは言いがたいルディでしたが、観ている内に母親のような母性を感じてきます。立ち居振る舞いが女性っぽいのもそうなのでしょう。ルディが見せる序盤のショーでは口パクでしたが、終盤の熱唱は実に感動的。感情が高ぶり、すべてをはき出すような熱唱は素晴らしいです。

今でこそゲイカップルでも世間的に認知されてきていますが、1970年代はそうもいきませんから、隠すのも致し方ないでしょうが、3人で暮らすことよりも良い環境があるとは思えない現状でも、法は覆らないのでした。そして、悲しい別れが待っていたのでした。

1970年代アメリカの実話を基に、母親に見捨てられたダウン症の少年と一緒に暮らすため、司法や周囲の偏見と闘うゲイカップルの姿を描いた人間ドラマ。

« 「それでも夜は明ける」鑑賞 | トップページ | 4Kテレビ、来る!その10 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/59675683

この記事へのトラックバック一覧です: 「チョコレートドーナツ」鑑賞:

« 「それでも夜は明ける」鑑賞 | トップページ | 4Kテレビ、来る!その10 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ