« 「トカレフ」鑑賞 | トップページ | ワールドカップを観よう!2014 Vol.1 »

2014/06/17

「ポンペイ」鑑賞

先日、「ポンペイ」を観てきました。ポール・W・S・アンダーソン監督作品(「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」)。出演:キット・ハリントン、エミリー・ブラウニング、キーファー・サザーランド他。 

ケルト人騎馬族の生き残りでグラディエーターのマイロ(キット・ハリントン)は、ローマ人への復讐心を胸に秘め、奴隷として戦いに身を投じていた。ある日、マイロはポンペイの有力者の娘カッシア(エミリー・ブラウニング)と出会い、恋に落ちる。しかし、彼女はポンペイの平和と引き換えにコルヴス元老院議員(キーファー・サザーランド)との婚姻を迫られていたが、その男こそマイロの復讐の相手だった。そんな折、ヴェスヴィオ火山が噴火し街に危険が迫る。

ヴェスヴィオ火山の噴火で一瞬にしてすべてが灰に埋もれてしまったイタリアの遺跡ポンペイ。その町を舞台に、奴隷の剣闘士(グラディエーター)マイロと有力者の娘カッシアとの身分差を超えた恋を縦軸に、復讐劇あり、パニックありで、劇的に物語を盛り上げます。

グラディエーターの戦いも、迫力がありますが、なんと言ってもクライマックスのヴェスヴィオ火山の噴火による映像が凄まじいです。最初は大きめの地震が頻発し、そして大噴火。すべてのエネルギーをため込んだかのような赤い溶岩が噴煙と共に巻き上がります。

ポンペイの街を襲う火山弾、逃げ惑う人びと、海へと向かいますが、そこには大津波が。地割れが起き、そして火砕流が街へと流れ込みます。まさに阿鼻叫喚。黒い火山灰が静かに舞い降り、すべてを飲み込んでいくのでしょう。今回は2D字幕版を鑑賞しましたが、3D版はさらなる迫力の映像になるに違いありません。

火山の噴火で街に危険が迫るなか、復讐に燃える奴隷戦士の戦いと愛を描く歴史アクション。

« 「トカレフ」鑑賞 | トップページ | ワールドカップを観よう!2014 Vol.1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/59830986

この記事へのトラックバック一覧です: 「ポンペイ」鑑賞:

« 「トカレフ」鑑賞 | トップページ | ワールドカップを観よう!2014 Vol.1 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ