« 「ダイバージェント」鑑賞 | トップページ | 「トランセンデンス」鑑賞 »

2014/07/15

ワールドカップを観よう!2014 Vol.7

4年に1度の夢の饗宴、2014FIFAワールドカップブラジル大会も、終わりの時がやってきました。

鑑賞したのは、

7月  13日  日    5:00  3位決定戦  ブラジル  オランダ      フジテレビ
7月  14日  月    4:00  決勝戦     ドイツ    アルゼンチン  NHK

でした。

決勝トーナメントの3位決定戦、決勝戦の2試合を鑑賞しました。

準決勝で酷い負け方をしたブラジルがオランダと対戦しました。前半3分にファンペルシーがPKを落ち着いて決め、オランダが先制。ああ、またか、また始まったのかと想いが巡ります。その後もロッベンを中心として素早い攻めを見せるオランダが終始ブラジルを圧倒します。17分にはクロスのこぼれ球を拾ったブリントが右足でシュートを放ち、追加点を上げ前半を折り返します。

後半に入りブラジルも追いつくべく、まずは1点という気合いは伝わります。オスカルを中心に個人技で攻め上がりますが、最後のところでオランダの堅守が光ります。終了間際にヤンマートのクロスをワイナルドゥムが右足で流し込み、オランダがだめ押しの3点目を挙げ、3-0で勝利しました。

いよいよFIFAワールドカップブラジル大会のラストゲーム。決勝戦はドイツvsアルゼンチンとなりました。両者とも立ち上がりから攻撃を繰り返しますが、両チームともディフェンスが強固で、なかなか得点を奪えません。どちらかと言えば、アルゼンチンが決定機が多いという印象。それもイグアインの決定機が多いのですが、最後詰めが甘いです。攻守の切り替わりが早く、緊張感があります。ドイツのGKノイアーの好プレーが目立ちます。

結局90分では決着が付かず、延長戦へ。そして、延長後半8分。シュールレが左サイドを突破してクロスを上げると、ゲッツェが胸トラップから左足でシュートを放ち、ゴール!まさにビューティフルゴールでした。残り時間も少なくなり、アルゼンチンも諦めませんが、足が止まりはじめ、試合終了。1-0でドイツが勝利しワールドカップを手にしました。

アルゼンチンは、ディマリアが間に合っていれば、さらに攻撃に厚みが出て、違った結果もあったかもしれないと言う想いもよぎりましたが、サッカーに“たられば”は禁物。あと一歩およばず、メッシはまた栄冠を手にすることはできませんでした。

ドイツは、やはり組織力で勝ったと言えるでしょう。攻守にわたってバランスが良く、どこからでも攻撃が跳び出しますし、ノイアーも良く守りました。南米開催のワールドカップで、ついに欧州代表が栄冠を手にすることになりました。

今大会は波乱に満ちた大会でした。グループリーグでは、前回王者スペインの敗退、決勝トーナメント常連のイングランド、ポルトガル、イタリアも敗退しました。そして、良い結果を呼び大会を盛り上げたコスタリカ、コロンビアの善戦もありました。ネイマールの大会になると思いきや、怪我に泣いたブラジル。それだけでは無かったでしょうが、ブラジルの歴史的敗戦、アルゼンチンの惜敗からすると、欧州サッカー優位の時代はさらにつづくと言えるのかもしれません。サッカーは個も大切ですが、やはりチームプレイ、組織がモノを言うということでしょう。

熱かった1ヶ月にわたるサッカーの祭典はここに幕を閉じます。4年後、2018年ロシアの地でさらなる熱戦が繰り広げられることを祈って、締めくくりたいと思います。熱戦をありがとう。お疲れさまでした。

« 「ダイバージェント」鑑賞 | トップページ | 「トランセンデンス」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/59988932

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップを観よう!2014 Vol.7:

« 「ダイバージェント」鑑賞 | トップページ | 「トランセンデンス」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ