« ワールドカップを観よう!2014 Vol.5 | トップページ | 台風8号接近中! »

2014/07/09

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」鑑賞

先日、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を観てきました。ダグ・リーマン監督作品。出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、キック・ガリー、ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロット・ライリー、ジャナス・アームストロング、フランツ・ドラメ他。 

地球は謎の侵略者からの攻撃を受け、そのあまりの戦闘力の高さに人類はなすすべもなかった。ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は決死の任務にあたるが、敵にダメージを負わせることなく戦死。しかし気付くと出撃前の時間に戻っていた。幾度となく出撃と戦闘、死を繰り返すうちに、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)が彼と同様にタイムループに巻き込まれていたことを知る。戦いを繰り返しながら少佐は戦闘技術を磨いていき、二人はこのタイムループから抜け出す糸口を探り、敵に勝利する方法を模索するのだった。

時間を題材にしたSF作品で、少々難解さを醸し出しています。最初は状況に戸惑いながらも戦場に赴き、あえなく戦死してしまうケイジ。しかし、目覚めると同じ場所、同じ時間でした。状況が飲み込めず再び戦場へ。同じ台詞、同じ状況が繰り返され、しかし、違う場面で戦死。再び同じ場所、時間に目覚めます。

幾度となく繰り返して行く内に、英雄的な軍人リタとめぐり逢います。ふたりで協力しながら、タイムループから抜け出す方法を模索します。しかし、結果はどこまで行っても死しかありませんでした。

だいたいはケイジが敵に殺されてしまうのですが、車に轢かれたりするシーンは少々ユーモラスに描かれています。なかでもケイジがケガをして動けなくなってしまった時などは、リタが射殺して、リセットするなんてこともあり、不条理さは増していきます。

何回も同じ戦闘を繰り返していく内に、違うステージへと進むのですが、さらに難題が山積していきます。こっちのルートがダメなら別ルートへ。敵も上手で時の罠をしかけてくるのでした。クライマックスは、これまでの登場人物を総動員し、最終決戦へ。人類の未来はあるのか?それとも絶滅してしまうのか?手に汗握る大迫力のアクションは、ぜひ大画面でご覧いただきたい作品です。

近未来の地球を舞台に、謎の侵略者との戦闘に挑んでは戦死するという不条理な世界に囚われ、同じ出来事を永遠に繰り返す男が現状を打破しようと奮闘する姿を描くSFアクション。

« ワールドカップを観よう!2014 Vol.5 | トップページ | 台風8号接近中! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/59947669

この記事へのトラックバック一覧です: 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」鑑賞:

» 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 [ここなつ映画レビュー]
気晴らしに「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。見事に気晴らしできました。やはりトム・クルーズはいいなあ。盤石の気晴らしを提供してくれる。難しい事を何も考えなくていい。安定したスリルとアクション。しかし、実際には物理学的には難しい話なのである。もちろん生化学的にも。よくよく考えると私にはこの理論にはついていけない。ま、SFの世界だから。と片付けてしまうのは勿体ない世界観ではあるのだけれど。この作品は、「ギタイ」と呼ばれる謎の侵略者と人類の戦いが続く近未来を舞台にしている。ギタイは圧倒的に強く、人類は... [続きを読む]

« ワールドカップを観よう!2014 Vol.5 | トップページ | 台風8号接近中! »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ