« VAIO PRO 13入院す その4 | トップページ | それゆけ!アクアくん Vol.51 »

2014/07/29

「マレフィセント」鑑賞

先日、「マレフィセント」を観てきました。ロバート・ストロンバーグ監督作品。出演:アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、シャルト・コプリー、サム・ライリー、イメルダ・スタウントン、ジュノー・テンプル、レスリー・マンヴィル、ブレントン・スウェイツ、エラ・パーネル他。

とある王国に王女が生まれ、盛大に祝われていた。しかし祝いの席に招かれていなかった妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が現れ、生まれたばかりのオーロラ姫に、16歳の誕生日に永遠の眠りにつくよう呪いをかけるのだった。

「眠れる森の美女」をマレフィセントの視点から見た本作。国王ステファンとマレフィセントとの過去の繋がりが、物語に大きく影を落とし、どちらが善で、どちらが悪なのか、分からなくなっていきます。呪いを掛けられたオーロラ姫は隣国の森の中で育ちますが、育ての親は妖精。そして、その成長を見守るのは、他でも無いマレフィセントでした。

クライマックスは、オーロラ姫を心配し、城へと潜入したマレフィセントをとらえ殺そうとするステファン王との対決。魔法が炸裂し、ドラゴンは火を噴きます。しかし罠に掛かったマレフィセントの運命はいかに?!

善悪逆転したような物語に、もやもやしたモノがありますが、ラストはハッピーエンドと言えるのでしょうね。オーロラ姫にしてもマレフィセントにしても、感情というか、想いが希薄なような気はしますが、どうなのでしょう。実の父の死をオーロラはどう受け止めているのか?王子の立場は?スッキリとはしない展開ではありました。

「眠れる森の美女」の邪悪な妖精マレフィセントの視点から描かれたファンタジー作品。

« VAIO PRO 13入院す その4 | トップページ | それゆけ!アクアくん Vol.51 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/60062581

この記事へのトラックバック一覧です: 「マレフィセント」鑑賞:

« VAIO PRO 13入院す その4 | トップページ | それゆけ!アクアくん Vol.51 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ