« 2014.06映画鑑賞総括 | トップページ | ワールドカップを観よう!2014 Vol.3 »

2014/07/01

「ラストミッション」鑑賞

先日、「ラストミッション」を観てきました。マックG監督作品。出演:ケヴィン・コスナー、アンバー・ハード、ヘイリー・スタインフェルド、コニー・ニールセン他。 

任務中に倒れ、病院へ運ばれたベテランCIAエージェントのイーサン・レナー(ケヴィン・コスナー)は、医師から余命3ヶ月と告げられる。残された時間を家族と過ごそうと、彼はパリへ向かう。しかし、思春期の娘ゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)との溝は深まるばかり。そんな中、女エージェントのヴィヴィ(アンバー・ハード)が現れ、病に効く試験薬を提供する代わりにある仕事を持ちかけてくる。それは、凶悪で冷徹なテロリスト抹殺という危険な仕事であった。

年老いたベテランエージェントが、余命宣告を受けた後、残された時間を家族と過ごそうとしますが、謎の試薬の提供を受けるために、危険な依頼を受けてしまいます。リュック・ベッソン脚本と言うことで、海外ドラマ「ノーリミット」に似た設定になっています。

本作では、若い頃に家を出たイーサンと思春期の娘との交流を中心に描いていますが、そのギャップに笑ってしまいます。しかし、そこには悲哀もあり、娘が自転車に乗る練習をするシーンでは、思わずジーンと来てしまいました。

娘との関係を築き上げようと必死なイーサンでしたが、それを邪魔するかのように依頼が来て、交流の合間にミッションをこなしていくかのようで、これまた笑えます。また、試薬を打つと副作用が現れ、それも足かせになっていくのでした。そして、最後には事件とプライベートが交錯していきます。

娘を守る父親ではありますが、「ボディガード」を彷彿とさせるようなシーンもあり、ファンサービスといった感じでしょう。

余命3か月を宣告されたエージェントが、危険な仕事と思春期の娘との関係という2つの問題に振り回される姿を描くアクション作品。

« 2014.06映画鑑賞総括 | トップページ | ワールドカップを観よう!2014 Vol.3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/59907186

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラストミッション」鑑賞:

« 2014.06映画鑑賞総括 | トップページ | ワールドカップを観よう!2014 Vol.3 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ